プロフィール

『熱血ブログ!!主計ファミリーの現場バカ日誌』は、安全や品質に関する情報の「共有化」や「見える化」を通じ、少しでも「配管業界全体の活性化」につなげたいという願いを込めて、次世代の配管総合企業を目指す主計管工株式会社がお届けしています。

ファミリー

  • 主計 管太郎(43)
  • 主計 管太郎プロフィール
  • 主計 ケイ子(26)
  • 主計 ケイ子プロフィール
  • 主計 ハカル(5)
  • 主計 ハカルプロフィール
  • 主計 たくみ(8ヶ月)
  • 主計 たくみプロフィール

新たな仲間をご紹介!主計版「七人の”若”侍」!!

新年度のスタートです!新しい仲間が7人も増えました!!
みなさんこんにちは!主計管太郎です。さて、残念ながら今年の春も新型コロナウイルスの猛威はとどまることなく、私たちの住む大阪を含め、多くの都府県に3度目の緊急事態宣言が出されるに至っています。そんな厳しい状況の中ですが、それでもうれしいニュースが弊社にもあります。というわけで今回は、この春に私たちの新たな仲間に加わった、7人の新入社員たちに関するレポートからお伝えすることにいたします!

【メンバー編成に応じたカリキュラムによる新入社員研修を!】
今年入ってくれた7人の新人さんたちは、大学を卒業した人たちが5人、専門学校と高校を卒業した人がそれぞれ1人ずつっていう編成でしたから、全体の研修内容は高校を出たばかりの18歳のSくんに合わせて用意したですよ。だからチームのリーダーもそのSくんに思い切って任せたですけど、とても責任感が強い性格で、予想以上にみんなの代表としてふさわしい活躍をしてくれたです。モチロン他の6人の皆さんの”優しいフォロー”のおかげも、モノすご~く大きかったですね。

【施工実習や施設見学でイメージをふくらませ、いざ現場へ!】
研修日程は、去年行けなかった大阪ガスさんのハグミュージアムを早い段階で見学させてもらったり、施工実習のウエイトをいつもより増やしてみたりと、これから始まる自分たちの仕事が、どんな感じで人々の暮らしにつながっていくのか、そのイメージをできるだけ膨らませてもらうことを意識して調整しました。それらを経て、実際に動いている現場に行った時の写真がこれなんですが、やっぱりナマで活躍してる先輩たちのアドバイスが、彼らのハートに一番刺さったみたいですね。ツアーガイドの冥利に尽きる、とても嬉しい瞬間でした。

【鉄は熱いうちに!今年は振り返りも新人たちにお任せ!!】
他にも、お世話になってる団体さんが主催してる新社会人のマナー講習や、各事業部のお仕事の説明、安全に関するレクチャーやなんかを色々受けてもらったんだけど、最後の日はグループ分けして、今まで自分たちが体験した研修の振り返りを、それぞれのグループに振り分けて、先輩や上司の皆さんの前でプレゼンしてもらったよ!みんなとっても緊張していたけど、この振り返りを通じて、”自分たちが体験した事を他の誰かに伝える”コトの大切さや難しさをわかってもらえた気がするよ。それってとっても大事なコトだもんね!

【置かれた場で輝けるよう、それぞれの”Happy”を目指せ!】
今年の研修で私が彼らに1番最初にした質問、それは、あなたにとって”幸せそうな人”とはどんな人ですか?というモノでした。答えは「いつも笑っている人」「友達の多い人」「全力で遊べる人」などそれぞれでしたが、じゃあそんな”〇〇な人”になるには具体的にどうすればイイのか?研修を進める中、それを今後も彼らとともに考えていきたいな~。と思った今日この頃です。社会の役に立ったり、会社に貢献したり、それにはまず自分が幸せでないといけませんからね。彼らにとって少しでも”幸せそうな企業”になるため、私たち主計管工は今年度も頑張り続けます!それでは新年度もどうぞご安全に!!

        2021年に新たな仲間が7人も加わった主計管工を今後もどうぞよろしくお願いします!!

エコアクション21の審査を機会に考える、私たちのSDGs!!

あなたの会社の〇〇は、いつまで続けることができますか?
皆さんこんにちは、管太郎です。さて、冒頭でお伝えした新入社員の全体研修が終わり、各配属先による研修に引き継いだ直後の週に、弊社は本年のEA21(エコアクション21)審査を受けました(写真)。おかげさまで総合的な評価に大きな問題はなく、今後も弊社なりの環境活動をこのEA21を通じて展開して行こうと思うのですが、審査の中で一つアドバイスをいただいたのが、皆さんも最近耳にすることの増えてきた”SDGs”への積極的な参画でした。以前より弊社が展開しているCSR(企業による社会貢献)活動の中でも時折話題に出てくるSDGsについて、私も少なからず興味を持っていたので、オンラインセミナーを視聴したり、地域のワークショップなどに足繁く通ったりしていたところにいただいたご提案だったので、これを機に来年のEA21の審査時には、弊社のSDGs活動を環境経営レポートに記載しようと思い立ちました。今では皆さんもご存じの通り、2015年に国連サミットで採択されたSDGsは、2030年までに世界をより良い方向に導くための大きな目標が、17種類にそれぞれ設定されています。今回初めてSDGsに向き合うこととなる弊社ですが、差し当たってあまり大上段には構えず、まずは私たちのどの業務がSDGsの掲げる17の目標の中のどれに近いのか、一つ一つの落とし込み作業から始めようと思っています。その上で何かの突破口を見つけ出し、2030年のゴールに向けたより良い世界のために、企業として少しでも貢献できればとても素晴らしいですね。その施工法はいつまで続けることができますか?その営業法はいつまで顧客を獲得できますか?そのCSRでステークホルダーはいつまで満足できますか?と、今年の弊社のスローガンである”当たり前を疑え!に倣ったスタンスから始めていこうと思っています。というわけで、私たち主計管工は、謙虚・素直・感謝という普遍的なモットーを軸に、移り行く時代に対応するための柔軟な変化と共に、微力ながら今後も配管という都市インフラを通じ、社会に貢献して行きたいと考えている次第でございます。本日もご安全に!

令和3年4月から強化される”石綿(アスベスト)”対策について

新年度から規制が強化されるアスベスト対策はみんなの問題です!!byケイ子

皆さんこんにちは、ケイ子です。さて今回はパパのリポートにもあった、EA21にも大きな関係があり、審査の時にも多くのことを新しく学んだ、今年の4月からスタートした、建設業における石綿(アスベスト)対策の規制強化に関するさまざまなポイントついて、私の方からお伝えしたいと思います。

●工事前に石綿の有無を調べる事前調査について
建築物の解体・回収・リフォームなどの工事対象となる全ての材料について、石綿の有無を設計図書などの文書と目視で調査するとともに、その調査の記録を3年間保存することが今回から義務づけられました。また、この場合の目視とは、単に目で見て判断することではなく、現地で部材の製品情報などを確認することを指すのだそうです。

●工事開始前の労基署への届け出について
吹付石綿に加え石綿が含まれる保温材などの除去等の工事は14日前までに労働基準監督署に届けることが義務づけられました。

●吹付石綿・石綿含有保温材等の除去について
除去工事が終わって作業場の隔離を解く前に、資格者による石綿等の取り残しがないことの確認が義務づけられました。

●石綿含有成形板等・仕上塗材の除去工事について
石綿が含まれている仕上塗材をディスクグラインダー等を用いて除去する工事は、作業場の隔離が義務づけられました。

●写真等による作業の実施状況の記録について
石綿が含まれている建築物(工作物または船舶を含む)の解体・改修工事は、作業の実施状況を写真等で記録し、3年間保存することが義務づけられました。

肺がんや中皮腫等、人体に大きな悪影響を及ぼす原因となる石綿に関しては、今までも輸入や製造及びその使用が禁止されるなど様々な規制が施されてきましたが、それ以前に着工し、石綿が使用されている可能性が高い解体・改修工事については、今後も適切な対策の実施が必要なんだと、今回の規制強化を機会に改めて感じることができました。私たちの会社が現時点で請け負っている現場にはこれに該当する物件はありませんが、来年以降にもこの件に関する規制が随時強化される予定なので、この先に受注した際には万全を期し、自分や仲間の健康を守りたいと思います。それでは本日のレポートはここまで。次回まで皆さまごきげんよう!

解体改修工事の受注者(解体改修工事実施者)の皆さま -by 厚生労働省 都道府県労働局・労働基準監督署-

こんな時だからこそ!詐欺の予防もみんなで力を合わせて!!

大切な人たちを悪質な詐欺被害から守れ!!byハカル

こんにちは、ハカルです!新型コロナウイルスの予防だけでも大変な世の中なのに、毎日悲しいくらいに、”詐欺”のニュースがなくならないよね。っていうか、最近ではウイルスのおかげで不安な日々を過ごす人の心につけこんだ、”新型コロナウイルスに便乗した詐欺”にあう人も少なくないみたいで、ホントに嫌になっちゃう。特にお年寄りの皆さんが被害にあうことが多いらしいので、今回はそんな詐欺被害をどうやって防いでいけばいいのかを、みんなで考えてみたいと思うよ!!

●”新型コロナウイルスに便乗した詐欺”の手口と対策(その1)
「お宅のお家の下水管にコロナウイルスがついているという事がわかりました」みたいに、水道局や下水道局の人から電話がかかってきても、その人たちはニセモノだから信じちゃだめだよ!水道水や下水道は、それぞれ適切に管理されているので、それが原因の感染は起きないし、ましてやキレイにするためにお金を請求することなんて絶対にないからね!

●”新型コロナウイルスに便乗した詐欺”の手口と対策(その2)
「コロナウイルスにかかったかもしれないので病院に行く」こんな電話が家族や身近な人からかかってきても、その人に成りすましてお金をだまし取ろうとしてる詐欺犯からの電話かもしれないから、まずは冷静に電話をいったん切って、すぐに警察に相談しようね!あと、他の詐欺被害防止にも言える事なんだけど、あらかじめ家族の間で合言葉を決めておいて、その電話が”なりすまし”か本人かを確認するのもイイみたいだよ!

●”新型コロナウイルスに便乗した詐欺”の手口と対策(その3)
「ワクチンを接種するために必要なので」というように、電話やメールでその人のお金や個人情報をだまし取ろうとする詐欺も最近多いみたいだから、これも信じないでね。ワクチン接種のためにお金や個人情報を求めてる市区町村は一つもないから、もしそんなことがあったら、すぐに”消費者ホットライン188(局番無し)”に相談するといいよ!

じゃあ最後にボクから一つだけ。一緒に住んでても、離れて住んでても、大事な家族に声をかける時、「最近怪しい電話やメールはなかった?」って聞くのと同じように、「じゃあ、最近とっても親切そうな人からの電話やメールはなかった?」っていう声もかけてあげてね。だって詐欺師って全力で怪しまれないようにして近づいてくるから、できるだけイイ人に思われようとするよね?どう?早速今日にでも試してみたら?というわけで、まずは身近な大切な人たちで協力し合って、悪質な詐欺の被害から身を守ろうね!というわけで今日はこれでおしまい!それじゃあ次回までバイバーイ!!

行政機関等をかたった”なりすまし”にご注意-by 消費者庁-

就活生の皆さんへ!主計管工先輩社員を紹介します!!

リクルートシーズン到来!私たちの仲間をご紹介します!
皆さんこんにちは!主計管太郎です。この季節は日によって気温の変化が激しく、体調の管理にも十分注意しなければなりませんが、あと一息で暖かな春がやってきますね。さて、春と言えば、本格的に就職活動がスタートする季節でもあります。というわけで今回のファミリーレポートは、新たな就活生の皆さんに向けて、わが社の誇る若手社員3名の紹介をさせていただく事にいたします!


まずはボクから、導管事業部の高木さんをご紹介するですよ。高木さんは入社以来9年間、事務作業の腕を磨いてきたです。道路を掘り起こしてガス管を通す仲間のために、”道路使用許可”の資料や、”交通安全対策”に必要な図面を毎日作ってるです。目立たない作業と思うかもしれないですが、高木さんのお仕事がなければ工事ができないですから、仲間のみんなは高木さんのことをとっても頼りにしてるです。モチロン高木さん自身も自分の仕事が大好きで、今では「ややこしい道路の方が燃える!」みたいですよ。とっても頼もしいですね。


次に僕から紹介するのは、設備事業部の横山さんだよ!4月から4年目の横山さんは、お父さんのお仕事にあこがれて、パパの会社に入ったんだって。入社してすぐはCADっていう図面のソフトで作図の基本をお勉強して、今は設計や積算の修行中。たまにわからないことがあればやっぱり工事現場まで行って、自分のお仕事をその目で確かめに行くんだって。そんな横山さんが心がけているのが「元気な挨拶」。入社式で”素直・謙虚・感謝”の精神を教わって以来、先輩たちに近づく第一歩だと信じて、みんなまで元気になる挨拶を毎日しているよ!


最後は私から、導管事業部施工管理士の酒井君のご紹介を。バリバリの体育会系酒井君は、入社3年目とは思えないくらいに成長がスピーディー。なので、必要資格の取得も記録的な最短距離でゲットし続けています。無駄なことはあまり話さないキャラなので、一見とっつきにくいイメージなのですが、実はコミュニケーション能力も抜群で、ほとんどが年上の職人さんからも、3年目とは思えない信頼を得ています。主に住民の皆さんが使われている道路のガス工事なので、地域の皆さんご理解を得るのも重要なお仕事なのですが、完了した時に「お疲れ様」とお声をかけていただく事も少なくないようで、今ではそれが酒井君のモチベーションアップにつながってるみたいですよ!


昨年の採用活動はいろいろなことがあり、例年通りとはいきませんでしたが、オンラインによる企業説明会にも、複数参加させていただいたおかげで、この春に迎える”新しい仲間たち”も素晴らしい人材に集まってもらうことができました。各教育機関の皆様、またその他組織・団体の皆様、本当にありがとうございました。まだまだコロナ禍は予断を許しませんが、弊社はその門を閉じることなく、今年も積極的に新しい人材を獲りに行かせていただきますので、今後もどうぞよろしくお願いいたします!というわけで本日のファミリーレポートを終わります!ご安全に!!

           主計管工は”マイナビ2022”に参画しています!採用情報ページからエントリーを!!

今日の常識は明日の非常識?当たり前を疑った人々の言葉!!

その時の当たり前を疑い、新たな世界を獲得した偉人達!!
皆さんこんにちは、管太郎です。さて、前回私がお伝えした、弊社の2021年スローガン「当たり前を疑え!」について、今回はその言葉が持つ本来の意味をさらに深掘りするため、その時の「当たり前」を打破し、様々な成功を収めてきた偉人たちの言葉をご紹介いたします。
「今正しいことも、数年後間違っていることもある。逆に、今間違っていることも、数年後正しいこともある。」byライト兄弟
ー空を飛ぶ鳥のように人が空を飛べたら-という当時の人類共通の願いを乗せ、今では「当たり前」のように大空を行き交う”飛行機”を発明した、ライト兄弟にしか言えないカッコよ過ぎる言葉ですね。
「時には常識や知識から解放され、思いつきというものをいうものを大切にしてみてはどうだろうか」by松下幸之助
日本の経済史に残る稀代の経済人の言葉です。ともすれば、堅実なイメージが先行する松下幸之助ですが、このような柔軟な発想こそが、実は彼の経営の真骨頂なのかもしれません。
「文献に書いてあることはすでに常識である。問題はそのあとだ」by羽生善治
日本の棋界が誇る最高のレジェンドは、先人の”セオリー”をリスペクトするだけでなく、貪欲に次へのステップを模索する心をも持ち続けていました。そのような彼の謙虚な姿勢こそが、数々のタイトルをはじめ、前人未到ののキャリアを育む礎となったのではないでしょうか。
「手なれたものには飛躍がない。常に猛烈な素人として危険を冒し、直感に賭けてこそ、ひらめきがうまれるのだ」by岡本太郎
1970年の大阪万博で、後に彼の最高傑作となる”太陽の塔”があまりにも型破りな高さだったため、当初計画していた大屋根の中心に風穴を開けさせた ”天才”ならではの言葉ですね。
それではラスト。
「世の中の常識を少しでも変えるっていうことは、人間としての生き甲斐でもありますから」byイチロー
く~。かっこイイ言葉ですね~。もう言わずもがなですが、「振り子打法は成功しない」や、「日本人野手はメジャーでは通用しない」といった数々のネガティブな”当たり前”をことごとく覆してきた、日本史上最高のスーパースターにしか言えない深みのある言葉ですね~。
というわけで、これらの言葉が表すように、その時の常識である「当たり前」にしばられて思考が停止することを嫌い、自由な発想で誰もが考えもつかないことに挑戦し続けたものだけが、新しい「当たり前」を獲得できるのかもしれませんね。というわけで私も今以上に「当たり前」を疑い続けていきたいと思います!以上、それでは本日もご安全に!

キレイな「みんなのトイレ」は、色~んなイイコトが!!

気分のいいトイレが生み出す色~んな効果!!byハカル

こんにちは、ハカルです!ママがお話しした”食中毒”以外にも、菌やウイルスに気をつけなきゃいけないのがそう、トイレだよね!お家でも家族みんなで使うトコロがから、一人ひとりがキレイに使うのはモチロンだけど、レストランやコンビニやスーパー、あと駅やお役所や病院なんかにある「みんなのトイレ」は特にキレイでなきゃいけないよね!だから今日は、そんな「みんなのトイレ」についての色んなコトをボクからお話しするコトにするよ!

●トイレのイメージがそのまま町や施設のイメージに!
あるアンケートで「トイレの清潔さや快適さは施設や町の印象に影響する?」っていう質問に、約9割以上の人が「影響する!」って答えたくらい、トイレのイメージは、その町や施設全体のイメージにつながっていて、「トイレがキレイなトコロは気持ちがいいからまた来たくなる!」っていう嬉しい意見や「清掃が行き届いたトイレは自然に”汚しちゃダメ”って思っちゃう!」など、使った人のココロにも良い影響が出るみたいだよ!逆に「汚い」「臭い」「古い」「不便」みたいな”がっかりトイレ”に「また来たい!」「キレイに使おう!」なんて思う人なんかいないよね。というわけで、それくらいトイレのイメージって大事なんだ。

●一日の清掃回数や洋式化にはどんな効果が?
これもアンケートで分かったコトなんだけど、トイレのお掃除の回数は、その施設に来るお客さんの数にも関係があるみたいで、例えば1日のお掃除が1回以下の「道の駅」と1日3回以上の「道の駅」を比べると、3回以上お掃除しているお店のほうが約1.7倍も売り上げがイイんだって。あと、洋式便器の数にも同じ効果があって、洋式便器がゼロのお店に比べて、51~100%のお店のほうが売り上げが約1.6倍も多いんだ。心地いいトイレは、イイ気分になれるだけじゃなく、そのお店の利益にもつながってるんだね!

●これからの「みんなのトイレ」にはどんな工夫が?
最後に、これからの「みんなのトイレ」には、今までよりもお掃除がしやすい形の便器や手洗い器でできていたり、ニオイが残りにくい壁や床の素材でできていたりと、新しい工夫がイッパイつまった、もっとステキな「みんなのトイレ」が増えるみたいだよ!みんなでキレイに使おうね!!というわけで今日はこれでおしまい!それじゃあ次回までバイバーイ!!

「渋谷区内17の公共トイレが生まれ変わる「THE TOKYO TOILET」プロジェクト メディア公開」-by 日本財団-

主計管工㈱2021のスローガンはズバリ!「当たり前を疑え!」

あらゆる事を見直そう!新たな世界を生み出すために!!
皆さんこんにちは、管太郎です。さて、冒頭のファミリーレポートでもお伝えした通り、今年弊社は「当たり前を疑え!」をスローガンに、新年のスタートを切りました。このスローガンには、昨年初頭から世界中を席巻し、残念ながら現在もその猛威が収まらない新型コロナウイルスの脅威により、変わらざる負えなくなってしまった生活様式や社会構造をはじめ、あらゆる常識が常識でなくなってしまった現状をあらためて見つめ直すことにより、今後生まれるであろう”新たな価値観”に適応していこうという意味が込められており、リモートで行った初出式の社長メッセージにより、協力会社の皆様、並びに全従業員の皆様へお伝えしたばかりです。これは、コロナ禍にある現在の社会情勢にかかわらず、「さまざまな”変化”に対応できるものだけが未来をサバイバルできる」という信念を持ち続け、創業から現在まで歩んできた弊社ならではの言葉でもあると思います。私も改めてこの言葉を胸に、今まで自分が築いてきた”当たり前”を見つめ直した上でそれを疑い、どんな変化にも対応できる一年にしようと思っています。さあ、新しい年が明けました!今年の丑年は、”耐える”や、”発展の前触れ”などを表す年になるそうです。というわけで、この未曽有の難局を全力で耐え抜いて、新しい発展につながる一年になるよう、今後も共に頑張り続けていきましょう!以上、それでは本年もご安全に!

爽やかな秋!だからこそ油断は禁物のファミリーレポート!!

酷暑を乗り切ってむかえた秋、少し気が緩んでませんか?
みなさんこんにちは!主計管太郎です。”暑さ寒さも彼岸まで”とはよく言ったもので、残暑もようやくなりをひそめ、過ごしやすい季節になりましたね。とはいっても油断大敵、「秋の日(太陽)はつるべ落とし」というように、この季節は日の入りが急に早くなったような感覚に陥りやすく、また実際に多くの人の帰宅時が日没時刻に重なるなど、通常より「光と影」のいたずらに惑わされる季節だとも言えますね。というわけで今回のレポートは、写真のようなコロナ対策も継続しつつ、日常生活や工事現場の秋ならではの注意喚起や、その他耳寄りな最新のレポートを、例によってファミリーでお伝えいたします!


パパが言ったように、この季節はお仕事やお出かけの帰り道と夕暮れ時が重なりやすいですから、特に自動車や自転車なんかのライトは早めにつけるよう心がけるですよ。秋の全国交通安全週間が9月の終わりにスタートするのも、この季節のお日様が沈む前と後の1時間くらいに起こる事故が多くなるからみたいですね。現場も同じで、暗いから気づかない障害物や穴ぼこやなんか、事故につながる危険が増えるですから、明るいうちから照明ををつけるようなクセをつけなきゃいけないですね。あと、秋はお天気も変わりやすいですから、そっちの方も気をつけなきゃですよ。例えば写真みたいな突然の雨に降られると、足元が滑りやすくなって、コケちゃう可能性も高くなるですからね。


9月は台風や大雨なんかもまだまだ多いし、今から100年くらい前の1923年9月1日に起きた関東大震災の「防災の日」からスタートする防災月間だから、これをきっかけに家族みんなで防災についてお話しするのにとってもいいチャンスだよね。ボクたちファミリーはこの時期になるといつも、前にお話しした「防災さんぽ」に行ったり、近所のホームセンターにある防災グッズ売り場にみんなで出かけるコトにしてるんだ。やっぱり頭の中で考えてるだけよりも、実際に目で見れるものは見たほうがいいし、一人で考えるよりみんなで話し合ったほうがいいに決まってるからね!もう少し詳しい防災のお話をボクのコーナーでするから、興味のある人はそっちのもぜひ見てくださいね!


話題は少し変わりますが、秋といえば何といっても食欲の秋ですよね。ただ、今年は新型コロナウイルスの影響もあって、我が家の外食の機会はメッキリ減ってしまっています。写真は外出自粛期間中に初めて試した、宅配で届く冷凍食品のある日の一食を写したものなのですが、以外に(?)とっても美味しいので、今でも暮らしのリズムに合わせた形で注文し続けています。モチロン栄養バランスのほうもバッチリで、それでいて塩分やカロリーは控えめなメニュー構成になっているので、高血圧でメタボなパパにはピッタリはまりました。ちなみにこのロコモコ風のディナーはパパの盛り付けで、ご飯と少し硬そうな目玉焼きもパパが作ってくれました。出来栄えはいかがですか?


最後は建設工事の最新トピックを私から。最近橋梁の塗料や建築用仕上塗材を剥がす作業で使用される「剥離剤」に起因する火災や中毒が頻発しています。事例資料についてはネットで簡単に手に入るので、それら情報のもと、直接剥離作業をする人は勿論、二次的な被害にあうかもしれない全ての人々への注意喚起と周知の徹底をお願いします。また、今年は新型コロナの影響で、様々な行事が中止や延期になっているおかげで、一年間のスケジュール感覚や季節感全体が狂いがちですが、(写真はISO審査用の資料ですが、これも2か月延期になっちまいました。笑。)それにめげず、根気よく頑張っていきましょう!それでは本日のファミリーレポートを終わります!ご安全に!!

           今年の秋対策は、慣れすぎてはいけないコロナ対策と共に立てましょう!!

脳内のアウトプット!マネジメントは可視化が基本?!

知識を外に出して情報に!情報を内に入れて皆の知識に!!
皆さんこんにちは、管太郎です。さてファミリーレポートの最後でもお伝えした通り、2か月延期となってしまったISO9001の審査についてですが、弊社では近年のISO規格改定に伴い、今まで文書で作っていた「品質マニュアル」を、その代わりとなる業務フロー図化への切り替え作業を進めている最中です。なぜそうするのかというと、今までどうしても払拭しきれずにいた「審査に通るため」のISOではなく、本来の目的である「健全な業務運営」の目安としてのISOにしたかったからで、そのためには、受け手の違いによって大きな差が出る文書マニュアルではなく、多くの人がより理解しやすいフロー図化、すなわち可能な限りの可視化が有効だと思ったからです。弊社には主な拠点が複数あり、それぞれの部門長がそれぞれの運営を真摯に執り行っているのですが、極端な話この可視化は、彼らの頭の中にある「運営の流れ」という固有の”知識”をアウトプットし、皆で共有できる”情報”に変換する作業であるということです。というわけで担当である私が各事業部へ赴き、様々な記録や資料を前にした各部門長へのヒアリングからスタートしたのですが、情報共有すべき好事例や改善課題の抽出など、このフロー図化を通して、様々な”知識”を”情報”に変えることが、少しずつではありますができました。今後もこれらの作業を進めていき、最終的には新しく入ったばかりの社員が見ても、一目で全体が理解できるような品質マニュアルにしたいと思っています。他社さまの事例もどん欲に取り入れるつもりなので、もしよろしければ情報の交換を私としてみてはいかがですか?というわけで今回の私のレポートを終わりたいと思います!ご安全に!