プロフィール

『熱血ブログ!!主計ファミリーの現場バカ日誌』は、安全や品質に関する情報の「共有化」や「見える化」を通じ、少しでも「配管業界全体の活性化」につなげたいという願いを込めて、次世代の配管総合企業を目指す主計管工株式会社がお届けしています。

ファミリー

  • 主計 管太郎(43)
  • 主計 管太郎プロフィール
  • 主計 ケイ子(26)
  • 主計 ケイ子プロフィール
  • 主計 ハカル(5)
  • 主計 ハカルプロフィール
  • 主計 たくみ(8ヶ月)
  • 主計 たくみプロフィール

研修中に何を感じた?新入社員版「写真で一言」!!

一生に一度の新人研修!君ならどんな瞬間をフレームに?
みなさんこんにちは!主計管太郎です。さて、今回のファミリーレポートは、今春から私達の仲間になった新入社員たちが、新人研修中に撮影した数々の写真の中から、特に印象に残ったモノをそれぞれ一枚ずつ選んでもらったので、それらの紹介を私達ファミリーがお伝えしたいと思います。
まず最初の一枚は、ガス設備事業部への配属が決まったMくんが選んだ、ガスメーター交換作業の見学時に撮影したモノで、作業の過程で排出されてしまう都市ガスを専用のバッグに閉じ込めた後、工事士さんが大気中に放散している時の写真です。空気よりも軽いガスがどこにも滞留しないように、慎重に作業しているのがとても印象的だったそうで、いつも沈着冷静で、洞察力の高いMくんらしい一枚だと言えます。「今後現場に出た時は、より多くの工事士さん達と積極的にコミュニケーションを取っていきたいです」と豊富を語っていたMくん、大いに期待していますぞ!!


次の一枚は設備事業部に配属が決まったAくんの写真ですよ。建設現場の仮囲いの中に初めて入ったAくんは、たくさんの表示や注意書きに少しビックリしたようで、近隣の人たちに迷惑をかけないためのこの表示や、安全のための注意書きが色んな所で、しかも具体的に書かれているのに感心したみたいですよ。自由奔放な割にリーダーシップがあるAくん、新人らしく元気いっぱいの指差呼称がとってもいい感じだったって、パパが褒めてたですよ!


人に対する思いやりが深く、それでいて研修では鋭い観察力を発揮するTさんの一枚がこれ。天井や壁の向う側にある限られたスペースを有効活用し、ガス管など生活に必要不可欠なパイプが所狭しと通っているのを、ある建設現場の見学で初めて知ってくれました。配属先の導管事業部で「誰からも信頼される監督になりたいと思っています」と力強く宣言したTさん、そのチャレンジ精神をいつまでも忘れずに!同じ女性としても応援するので、気軽に何でも相談して下さいね!


穏やかに見える印象が、逆に骨太なキャラを際立たせているNくんの一枚は、現場の整理整頓についての写真だよ。こんな風に要らなくなった缶を廃棄するとき、少しでも多く運べるようにキチンと潰してあるのがとっても印象に残ったんだって。しかも邪魔にならないところにキレイに積み上げられていたのにも感動してくれたみたいで、建設現場のイメージが良い方に変わったみたいだよ。メーター交換の専門チームに配属されたNくん、目標の3年で監督になれるよう、一日一日の仕事を大切に!がんばってね!!


レポートのラストを飾るこの写真は、好奇心旺盛なキャラで何でも物怖じせず積極的に質問してくるKくんの一枚です。現場の出入り口付近に設置されていたカメラのようなこの装置を撮影し「これはなんですか?」と尋ねてきたKくんに対し、恥ずかしながら答えられない私。仕方がないので後で担当者に聞くと「ああ、それ猫よけのセンサーです」と言う簡潔な答えがソッコーで帰ってきました。。。って私も勉強になりました!Kくんありがとう!君の明るい性格が、研修全体の雰囲気まで明るくしてくれました!その持ち味を失わず、これからも頑張って下さい!というわけで、少し成長した皆さんとそれぞれのフィールドで再び会うことを楽しみに、今回のファミリーレポートを終わりたいと思います!本日もご安全に!!

        皆で過ごした貴重な時間が、今後の業務に少しでも良い影響をもたらしますように!!

新入社員による「研修発表会」がもたらしてくれるもの!!

恒例イベントの裏にある様々な「嬉しい誤算」について!!
皆さんこんにちは、管太郎です。さて、冒頭のファミリーレポートでお伝えした弊社の新人研修ですが、おかげさまで先日、全ての過程をそれぞれの配属先で無事に終えることができました。というわけで今回の私のレポートは、研修全体のフィードバックとして弊社が行っている「新人による研修発表会」の”3つの効果”についてお送りしたいと思います。
まず最初は当たり前の話ですが、発表する新入社員への直接的な効果について。これは、フィードバックの為に用いる資料を、上司に提出するだけでなく、人前での発表を前提に作成するので、自ずと普段以上に気を配った構成となり、今後の業務に必要なプレゼン能力やコミュニケーション能力に好影響を及ぼすこととなります。また、上司や先輩たちのサポートを受けながら資料を作り込んでいくので、自然な形で仲間意識が深まり、慣れない職場環境へ溶け込むための格好の材料にもなります。そうしたプロセスを経て臨むプレゼンは、やりとげればその後の自信につながるでしょうし、万一満足のいかない結果に終わっても、力の限り挑戦したという事実は残ります。※ちなみに今年は写真のNくんを筆頭に、全員100点満点の出来でした!!
次に組織的な効果について。このイベントは先に述べたとおり、新入社員に寄り添ったスタイルをとっているので、新入社員の特性や資質を測る為だけのものではなく、少し前までは教わる立場にあった若手・中堅社員がトレーナーとして教える立場にまわることにより、彼らのスキルアップも同時に見込めるため、その結果部署全体の活性化にもつながります。そのように多くのものが関わって完成させた資料は、それ自体が貴重な組織運営のテキストとなり、全社会議などで情報共有することにより、次年度以降のカリキュラム作成に刺激を与え合うなど、良い相乗効果も期待できます。
ラストは社外にまで波及する効果について。あくまで新入社員のフィードバックを第一の目的として作成したこれらの資料は、例えば採用活動なら自社の教育・トレーニングの様子を各教育機関の先生や学生・生徒さん、保護者の皆さんにご覧いただくだけで、会社をアピールする強力な材料になります。また、CSRとして取り組んでいるインターンシップのカリキュラム作成の参考資料にもなりますし、営業マンなら、どの取引先でも関心度の高い”自社教育”というトピックで、営業トークに厚みをもたせることもできますね。私はといえば、少し気の早い話ですが、来年弊社へ入社する内定者の皆さんへ「来春あなたはこのような形で研修を受ける予定なので、どうぞ安心してくださいね」と伝えるためのツールとして利用しようと思っています。あと、今気づいたのですが、このように社内ブログで皆さんにお伝えすれば、会社の広報活動にも直結しますね(笑)。それでは本日の私のレポートを終わりたいと思います。ご安全に!!

発表!みんなで作った新型コロナウイルス対策4カ条!!

研修生さんたちの成果をちょっとだけレポートするよ!!byハカル

こんにちは、ハカルです!今回の僕のレポートは、パパの会社の新入社員さんたちが研修中に作った「新型コロナウイルス対策4カ条」の発表だよ!!

【4カ条その1!コロナウイルス対策の基本ルール遵守】
・手洗い、うがい、手の消毒、室内の換気をこまめに行う!!
・「密集」「密閉」「密接」の3密を避ける!!
・不要不急の外出はせず、それでも外出が必要なときはマスクを着用する!!
・普段から十分な睡眠をとり、免疫を高める!!

【4カ条その2!コロナウイルス対策の確実な伝達】
・自分の周りにいる家族や友達に正しい手洗い、うがいの方法を教えて実践してもらう!!
・緊急事態宣言の内容を、更新内容も含め正しく理解する!!
・会社のウイルス対策に関する企業指針をいつでも読めるようにしておく!!
・新型コロナウイルスに関する最新情報を家族や友達で話し合う!!
・最寄りの保健所の「帰国者・接触者相談センター」の電話番号を調べて家族と共有する!!

【4カ条その3!コロナウイルス対策の再確認】
・外出前にマスクやハンカチなどを忘れていないか確認する!!
・外出前に体温を計る!!
・コロナ対策基本ルールのメモをくり返し読む!!
・目的の場所が混雑する時間を事前に確認する!!
・自分の手洗いに間違いはないか、たまに家族に見てもらう!!

【4カ条その4!コロナウイルス対策の不測時の中断】
・自分の家族や友達に発症の疑いがあるとみられた時、上記センターに電話する!!
・発熱や味覚障害など、体調に異変を感じた時は絶対に外出しない!!
・外出する目的の場所が思いがけず3密状態になっていた時はあきらめて引き返す!!

他にもいろんな意見があったけど、せっかくみんなで作った新しい4カ条だから、ちゃんと覚えて、今日からでも使ってみようね!それじゃあ今日はこれでおしまい、次回までバイバーイ!!

新入社員を「ほったらかし」にしない教育制度の確立!!

希望に満ちた新人達を、「不安」にさせないための努力!!
皆さんこんにちは、管太郎です。さて、春の入社シーズンも近づき、おかげさまで今年も新たな人材達が4月から弊社の一員として入社する予定です。それに先立ち、先日行われた直近の月例会議でも、中井常務よる「今後の教育体制の在り方」についてのプレゼンがあり、それを受け、教育のプログラムや内容の見直しなど、教育の専門部署や各事業部では、4月に向けた新入社員受け入れの追い込み態勢に入っているところです。中でも入社から本格的な配属までの重要な橋渡し期間となる全体研修は、自社教育施設を利用した実技実習カリキュラムの追加や、業務シミュレーション座学の新たな導入など、内容の充実はもちろん、期間も延長して行う予定です。また配属されてからの各事業部による研修でも、専属トレーナー制の導入や、キャリアマップの提示など「ほったらかしにしない教育」を合言葉に、社内の教育体制を更に磨きあげていこうと思っています。前述のプレゼンにあった通り、教育体制の充実は、定着率の向上や採用活動のPRにも確実につながっています。なにぶん遅ればせな部分も多く、まだまだ手さぐりの状態ですが、何らかの成果があれば、4月以降のレポートでお伝えしようと思っています!最後に、今年で入社3年目になる施工管理士見習いのY君が先日母校を訪ね、「今度小さいながらも、メインで現場を任されることになりました!」といううれしい報告があったと、進路指導の先生からご連絡をいただき、社員一同とても幸せな気分になりました。お預かりした貴重な人材は、今後も全力でサポートしますので、どうぞご安心ください!というわけで今回は、弊社の教育に関するレポートをお届けいたしました!それでは本日もご安全に!!

令和初の新春ファミリーレポートで本年もどうぞよろしく!!

遂にオリンピック・パラリンピックイヤー到来の2020年!
みなさんこんにちは!主計管太郎です。2020年が始まってもうすぐ1ヶ月が過ぎようとしていますが、皆さんはいかがお過ごしでしょうか?私たち主計管工は1月6日の仕事始めを皮切りに、おかげさまで今年も良いスタートを切ることが出来ました。また新年会の社長挨拶の中にあった「今年の干支である庚子は、時代が変わる節目を象徴する年であり、また新たなサイクルが生まれる年でもある。よって今年は今までの準備を実行に活かす絶好の機会である」という言葉を合言葉に、それぞれの役割をそれぞれの立場で”具体的に実行する”2020年にしたいと思っています!(例によって干支の詳細は私のレポートで)

【年末の保安訓練は新保安行動4カ条「確実な伝達」!!】
今年の新年会の会場は、プロジェクターが使えたので、去年の主計管工のお仕事を振り返る映像を流したですよ。写真はその中の一コマで、去年の仕事納めの日にやった保安訓練のトキのものですネ。訓練も映像も、新しくなったばかりの保安黄道4カ条の中の「確実な伝達」をキーワードにしたですョ。おかげさまでどちらも手ごたえのあるものになったですが、人に何かを伝えるって、ホントに難しいですネ。

【業界イメージアップもブランドも、まずは安全から!!】
今年もインターンシップやBCPに加え、CSRの新しい施策のスタートを検討しているのですが、それにはまず安全が第一。それも自分の身の安全を一番に考えなければなりません。自分の安全が守れない人に他人やチームの安全を守れるわけがありません。私たちが目指す業界のイメージアップや企業ブランドの形成も安全という基礎があってこそのものです。今年私たちはさまざまな新しいことに挑戦しようと思っていますが、高い安全意識だけは不変のままです!!

【一年の安全を祈願する恒例の新年安全祈願祭を今年も!!】
おかげさまで去年もパパの会社では大きな事故がなかったんだ。それってやっぱりパパや仲間のみんなで精一杯安全に注意してお仕事した結果なんだよね!だから今年も一年そんな風に全員で一年をがんばって、事故のないゲンバを作って、また今年みたいに来年も神様にお祈りできればいいよね!ってこの写真に写ってるの、ボクが通ってる保育園のみんなかなぁ?え?じゃあ、あれってボクかな?(笑)

【東京オリンピック・パラリンピックもまずは無事故で!!】
というわけで、写真のたこ焼きでさえ五輪マークに見えてしまう(私だけ?)2020年ですが、競技に参加するアスリートや観客の皆さんはモチロン、海外からの旅行者の皆さんや運営サイドのスタッフ・ボランティアの皆さん、ひいては期間中に日本にいるすべての人々が無事に終われるオリンピックになればいいですね!安心安全という競技でも金メダルを!それでは今年も1年を通じてご安全に!!

        オリンピックイヤーの2020年も、主計管工をどうぞよろしくお願いします!!

2020年4月から変わる、タバコの新ルール!!

全面施行までわずか!あなたはどれくらい知ってる?!byケイ子

皆さんこんにちは、ケイ子です。さて、今年2020年は、東京オリンピック・パラリンピックが遂に開催される記念すべき年ですね。この国を挙げてのビッグイベントを前に、ある法律が一部改正されることが決まっています。すでにご存じの方も多い事と思いますが、今回の私のレポートはこの4月1日より全面施行される「健康増進法の一部改正」に関する受動禁煙対策について簡単にお伝えしたいと思います。

なぜ「マナー」から「ルール」に?
今回の改正の趣旨として、まず「望まない受動喫煙をなくす」ことで、受動喫煙にさらされることによる健康影響を避け、次に、「受動喫煙による健康影響が大きい子ども、患者等に特に配慮した対策」をより一層徹底し、さらに、「施設の類型・場所ごとに対策を実施する」という3つの基本的な考え方をもとに、受動喫煙防止対策を強化するために、今回の法改正による「ルール化」が決まったそうです。

飲食店を利用する際の新しいルール!
また今回の法改正では、多数の方が利用する施設が”原則”屋内禁煙となっているので、私たちが普段から利用する「飲食店」も当然その対象になっていますが、例えばお客さんがタバコを嗜むために利用するバーやスナック、また、”経営規模が小さい既存の飲食店”(条件あり)ではタバコを吸うことができます。どちらも入口に標識があるので、吸う人も、吸わない人も事前に確認してから入店することにしましょう。

他にもさまざまなルールが変わりますが、このオリンピックイヤーを機会に、思い切って禁煙を今年の目標にするのも良いアイデアかもしれませんね?達成すると2020の価値があとワンランク上がること間違いなしですよ!というわけで本日のレポートはここまで。次回まで皆さまごきげんよう!

知っておきたい「たばこの新ルール」 -JT-

1964東京五輪のレジェンド!カルナナンダ選手を知ってる?

今も語り継がれる「諦めない!!」コトの素晴らしさ!!byハカル

こんにちは、ハカルです!最初のファミリーレポートでも少しお話した通り、2020年は東京オリンピック・パラリンピックが開かれるとってもステキな年だよね!というわけで今回は、ある一人のアスリートをみなさんに紹介するね!とはいってもこの選手、実は現役の選手じゃなくて、日本で初めて開かれた1964年の東京オリンピックに参加した選手なんだ。名前はラナトゥンゲ・カルナナンダ。セイロン(今のスリランカ)代表の陸上競技の長距離選手で、このときエントリーした男子10000m決勝での彼の走りが、このカルナナンダという選手の名前を、日本だけじゃあなく、世界中に知らせるコトになったんだ。
国立霞ヶ丘陸上競技場のトラックで行われたそのレースは、38選手中9人が途中棄権するくらいのハードなレースだったそうなんだけど、カルナナンダ選手は自分の持ってる力の全部を使って走り続けるんだ。やがてレースも終わりに近づき、トップの選手はもちろん、自分以外の選手全員がゴールした後もただひたすらに走り続けるカルナナンダ選手。無人のトラックを走り続ける無名のランナーに、周回遅れを馬鹿にするお客さんの声がちらほら。だけどそんな声も、彼が走り続ける中でだんだんと声援に変わっていって、2周目でゴールだと思っていたお客さんたちが3周目も走りやめない彼の姿に感動し、ゴールの時は競技場全体が大歓声と鳴り止まない拍手に包まれたんだって!レースの後「国には、小さなむすめがひとりいる。そのむすめが大きくなったら、おとうさんは、東京オリンピック大会で、負けても最後までがんばって走ったと、教えてやるんだ」と話したカルナナンダ選手はその後、不幸な水難事故にあって38歳の若さで天国に行ってしまったんだけど、このときの彼の「絶対にあきらめない!」という気持ちはいつまでもつないでいきたいよね!!さ~て、2020東京オリンピック・パラリンピックのカルナナンダはどこの国のどんな選手なんだろう?今からワクワクするよね!!それじゃあ今日はこれでおしまい、次回までバイバーイ!!

その他のブログ記事はコチラ

「ながら運転」の罰則強化に思うこと。

なぜ「ながら運転」の罰則が強化されるのかを考える。byケイ子

皆さんこんにちは、ケイ子です。さて皆さんも既にご存知の通り、この12月1日から、運転しながらのスマートフォンやカーナビゲーションの”注視”など、いわいる「ながら運転」に対する罰則を厳罰化する改正交通法が施行されました。よって今回の私のレポートはそれについて、私なりに思うことをお伝えしたいと思います。

そもそも【注視】とは?【ながら運転】とは?
今回の改正道路交通法の中の一つに、「スマホやカーナビ等に表示された画像を”注視”しないこと」といった意味の言葉が盛り込まれてあり、違反やそれら行為に起因する事故に対する罰則や反則金、減点される点数が、改正前と比べて格段に厳しくなっています。ではそもそも「注視」とはどのような動作を指すのでしょうか?ある辞書には「注意してよく見ること」とあり、また警察庁のWebサイトには自動車が”2秒”の間に進む距離のグラフが記載されていて、例えば時速60kmなら2秒間で約33.3mも進むとあります。だとすると、いわゆる「ながら運転」とは、進行方向以外の何かを2秒の間「注視」することにより、全く前を見ないで33mを時速60kmのスピードで突っ走る、とても危険な行為であると言うことがわかります。

【ながら運転】がなぜ厳罰化されるのか?今こそ【運転】の本質を考える。
もちろん、「ながら運転が厳罰化されるから運転には気をつけよう!」と言う考えも間違ってはいないのですが、今回の法改正を機会に、私は本当の「安全運転」について考えることにしました。確かにさまざまな「車」は、運転することにより、確実に歩くより早く、より遠くへと私たちを運んでくれる便利な”道具”ではありますが、そこには必ず「安全に」という言葉が最優先されなければなりません。スマホのながら運転でトラックにはねられ、男子児童がその尊い命を失うという、本当に痛ましい事故が過去に実際ありました。ただ歩いているだけで、ただ信号を待っているだけで傷ついて良い身体や、失って良い命などありません。何事もあまりに慣れすぎると感覚が鈍くなってしまいがちですが、私や皆さんが運転する快適な車内空間は、すさまじいエネルギーによって移動している、とても危険な空間でもあります。「便利な道具を危険な凶器にしない!」今回の法改正で私は強く思いました。

最後に、ながら運転とは直接関係は有りませんが、私たち主計管工が雇入れ時教育や新入社員研修の際、テキストとして使っているある悲惨な交通事故で大事な娘さんを亡くされたお父様のメッセージを掲載せさせていただきます。ご覧下さい。
それでは今日はここまで。次回まで皆さまごきげんよう!安全運転を!!

軽井沢のスキーバス事故に関する記事 -NAVER-

インターンシップ報告会・情報交換会に参加しました!!

今年の振り返りと来年のブラッシュアップへの情報収集!!
皆さんこんにちは、管太郎です。さて今回は、弊社が8月に開催したインターンシップでご協力させていただいた、ある大学のインターンシップ報告会と情報交換会の模様をレポートしたいと思います。まず始めに大きなホールで行なわれた情報交換会では、3名の学生さんによる発表と、1社の受け入れ先企業さまの発表があり、中でも国内の物流企業のインターンシップに参加した学生さんの発表の中であった「普段何気なくEnterキーをクリックするだけで簡単に家まで届けてくれるネットショッピングの裏に、こんなに様々な業種があること、またこんなに多くの人が関わっていることを初めて知ることが出来ました」という言葉が私の印象に深く残り、「蛇口をひねれば水やお湯が、コンロを点ければ炎が、あたり前のように使えるのはなぜか?」を知ってもらう為の弊社インターンシップと相通じる部分が多くあり、今後の参考にもなる素晴らしい内容の発表だと感じました。またその後、オープンしたばかりの食堂に場所を移して開かれた情報交換会に、なんとインターンシップに参加してくれたA君が、私のテーブルまで訪ねに来てくれました!去年の学生さんもそうだったのですが、学業で忙しい中わざわざ来てくれたときの感動は、何事にも代える事の出来ないできない大きな幸せです!閉会の後、正門から駅まで2人で話しながら歩いた帰り道の時間は私にとって今後の大きな財産になりそうです。A君、本当にありがとう!というわけで今年のこの会への参加は、情報収集においても、人との繋がりにおいても、とても実りのあるものとなりました。さあ、来年もがんばるぞ!それでは本日もご安全に!今回はここまで!!

多発につき要注意!駅のワイヤレスイヤホン落下トラブル!!

急な普及のおかげでトラブルも増えた?!byハカル

こんにちは、ハカルです!最近よく見かけるようになったワイヤレスイヤホン。コードが無い便利さなんかがウケて、使う人がここ何年かで急に増えてるみたいだけど、そのおかげで線路に落っことしちゃう人も増えてるんだって。だから今回はワイヤレスイヤホンを使う時に注意するポイントについてお話しするよ!
●電車の乗り降りには特に気をつけて!

今年の6月から約3ヵ月半の間で2000個以上(!)のワイヤレスイヤホンを拾ったJR西日本さんが「乗り降りの際、特にスマホ、ワイヤレスイヤホンをしっかりお持ち下さい。線路に落とされても絶対に線路に降りないで!必ず駅係員に申告を!」ってツイートするくらい、イヤホンを線路に落とす人は増えてるんだ。今のところ大きな事故にはなってないけど、やっぱり人にぶつかりやすい乗り降りの時には十分な注意が必要だね。
●万一落とした時もあわてずに!

それでも落っことしちゃった時はさっきお話したツイートのように、自分からは絶対に線路に降りず、必ず駅の係員さんに知らせるコトを忘れないで。あと、落としたイヤホンがどこにあるかって下を覗き込むのも危ないからダメだよ。万一見つからなくっても、メーカーさんによっては片方無くした時に安い値段で新品と交換してくれるコトもあるみたいだから、早めに気持ちを切りかえるのもいいかもしれないね。
●落下対策は選ぶ時にもポイントが!

ちょっとしたショックで落っこちちゃうこともあるから、そんな可能性のある時は使わないのが一番だけど、買う時に試着してジャンプしたり、自分の耳にちゃんとフィットしてるかどうかを確認するのも大事だよ。あと、首掛け式のワイヤレスイヤホンもいっぱい売ってるみたいで、落ちにくいのはモチロン、音飛びもしにくいみたいだから、買う前の選ぶポイントにしてみるのもいいよね。それじゃあ今日はここでおしまい、次回までバイバーイ!!

首掛け式ワイヤレスイヤホンいろいろ