プロフィール

『熱血ブログ!!主計ファミリーの現場バカ日誌』は、安全や品質に関する情報の「共有化」や「見える化」を通じ、少しでも「配管業界全体の活性化」につなげたいという願いを込めて、次世代の配管総合企業を目指す主計管工株式会社がお届けしています。

ファミリー

  • 主計 管太郎(43)
  • 主計 管太郎プロフィール
  • 主計 ケイ子(26)
  • 主計 ケイ子プロフィール
  • 主計 ハカル(5)
  • 主計 ハカルプロフィール
  • 主計 たくみ(8ヶ月)
  • 主計 たくみプロフィール

主計管工インターンシップ2019開催しました!!

今年も開催しました!インターンシップ2019報告!!
皆さんこんにちは!主計管太郎です。今回は夏の恒例行事としてすっかり定着した「主計管工インターンシップ2019」についてファミリーリポートいたします!おかげさまで今年は大学3年生の方が1名、高校2年生の生徒さんが2名、計3名の参加による開催となりました。ちなみに大学生が5日間、高校生が3日間のカリキュラムを組んでいたのですが、今回は全3名で過ごした3日間のリポートをお伝えいたします。
【インターンシップ・リポート基礎編】
まず【基礎編】は導管事業部よりスタートしました。ここでは簡単な会社説明の後、午後から見学するガスメーター取替え工事が理解しやすいよう、家庭で使われているマイコンメーターの仕組みや、道路を掘削する前の埋設物調査をどのように行なっているかなど、実際にふれたり操作したりしながら学んでもらいました。上の写真は埋設調査の実習の様子を写したものなのですが、全員不慣れながらまずまずの成果を上げていました。中には実習の最中に調査機器の値段を知り、急に動きがぎこちなくなった人もいましたが(笑)。

【インターンシップ・リポート見学編①】
初日午後からの【見学編】ではメーターの取替え工事と、ある市民ホールの改修工事の見学に行ったですよ。メーター取替えの現場では作業長さんの一つ一つの確認作業に声が出ていることや、住民さんへの気配りにとっても感動してたですよ。市民ホールには高校OBの先輩社員さんが現場の隅々まで案内してくれたです。工事中のむき出しの配管を見るのがみんな初めてだったらしいので、監督や職人さんのお仕事がよりリアルに感じれたみたいですね。あと空調服カッコいい!着てみたい!って、意外なトコロでも好評だったみたいですねー。

【インターンシップ・リポート施工実習編】
2日目の【施工実習編】はパパの会社の品質教育センターでやったよ。この日はPE(ポリエチレン)パイプの融着作業と新設ガス管取り出し工事のシミュレーションっていう2つの実習を丸1日かけてやったんだけど、PE管は思ったよりしなやかで、地震に強そうな感じがするっていう意見や、パイプ表面の皮をむく”スクレーパー”作業がとっても気持ちいい!っていう感想をもらったよ!そのあとの活きたガス管の取り出し工事では、ガスじゃなく空気で出来る練習設備がわざわざあるのってすごい!とか、こんな作業を土の中でやってる先輩達もやっぱりすごい!とかとっても喜んでくれたみたいだよ!最後に、今回先生役になってくれた入社1年目の酒井さんへパパからの伝言!「教えることすなわち教わること!カッコよかった!」だって、ご苦労様!!

【インターンシップ・リポート見学編②】
最終日の【見学編②】では大阪ガスさんのご協力の下、今年もハグミュージアムの見学ツアーにみんなで出かけました。担当してくれたツアーガイドさんをはじめ、スタッフの皆さんがとても温かく接してくれて、気持ちの良いツアーだったとみんな喜んでいました。また、ガスの供給から最新の機器開発まで、大阪ガスさんの業務の”守備範囲”の広さを初めて知った生徒さんもいて、大いに感心していました。特に最先端のSiコンロがお気に入りだったようで、調理体験で作った自作のお好み焼きがとても美味しかったそうです。丁寧にご案内いただいたすべての皆様、あらためてありがとうございました!

【インターンシップ・リポートまとめ】
ミュージアム見学の後のランチタイムでは、今までの振り返りをみんなで楽しく話し合い、多くの意見や感想を出し合いました。実は今回のリポートはそんな彼らの言葉を大きく反映させて作りこんでいます。3日間チームのリーダーとして後輩二人を引っ張ってくれたE君、ありがとう、ご苦労様でした!実習で自分たちが融着したPE管を持ち帰り、クラスのみんなの前で発表するといってくれたM君、弊社50周年記念に作ったメジャーをプレゼントすると「バイト先や授業で使ってもいいですか?」と喜んで受け取ってくれたO君、これからも素直な君たちでいて下さい!ただ初めて知ったのですが、最近の高校生はうなぎや穴子だけでなく、マグロやイクラのお寿司にも”甘ダレ”をつけて食べるのですね。。。おじさんには理解しがたい世界でした(笑)。というわけで本日のファミリーレポートはここまで、皆さま本日もご安全に!!

ご参加をいただいた皆さん、お疲れさまでした!各教育機関関係者の皆さん、ありがとうございました!!来年以降もどうぞよろしくお願いいたします!!

ガス設備事業部建替に伴い、地鎮祭が執り行われました!!

建替前のこの機会に、あらためて地鎮祭の意味を学ぶ!!
皆さんこんにちは、管太郎です。さて先日、主計管工㈱のガス設備事業部の建替え工事のために執り行われました地鎮祭に私も参列させていただきました。というわけで今回は地鎮祭にまつわる簡単な説明を私からお伝えすることにいたします。
そもそも地鎮祭とは、その土地の氏神様を鎮め、挨拶することにより土地を使う許しを得る儀式の事で、当然行なわれるすべての全ての事にはそれぞれに意味があります。よってここからは当日の式次第に沿って簡単に私から説明することにいたします。
開式 地鎮祭の始まる挨拶です。
修祓(しゅばつ・しゅうばつ)神道の祭事に先立って神職が行なう清めの事で、参列者や供物を清めてもらいました。
降神の儀 祭壇の神籬(ひもろぎ)に神様をお迎えする事で、降臨の証として神主さんが「オオオーッ」という声を出されました。
献饌(けんせん) 神前に物をお供えすることです。
祝詞奏上(のりとそうじょう) 神主さんが神様への言葉で工事の安全を声に出してお祈りしてくれました。
清祓(きよはらい・きよはらえ) 土地を清め、お祓いしてもらいました。
地鎮の儀 設計・施工代表者さまによる刈初(かりそめ)の儀、弊社中井社長による穿初(うがちぞめ)の儀がそれぞれ行なわれ、その後に神主様の手により鎮物(しずめもの)が納められました。
玉串奉奠(たまくしほうてん) 神様と人を繋ぐといわれている玉串に建築主・施工者が思いを込め、祈りを捧げます。
撤饌(てっせん) 神前にお供えした物をお下げします。
昇神の儀 降りていた神様にお帰りいただく儀式の事で。この時も神主さんが「オオオーッ」という声を出されました。
閉式 神主さんにより、地鎮祭の終了が告げられました。
というわけで、皆さまのおかげをもって滞りなく追えることの出来た弊社の地鎮祭、実は当日あいにくの雨に見舞われたのですが、「雨降って地固まる」という言葉のとおり、神様にお祈りした後は人の力を尽くし、無事故での竣工を関係者全員で目指したいと思います。また私にとって、これが人生初の地鎮祭参列だったのですが、調べてみるとこのようにそれぞれ深い意味があったのですね。とても勉強になりました。それでは私からの報告はここまで、本日もご安全に!

突然路上を襲うドライバーの危険な心理「ロードレイジ」とは?

加害者はモチロン被害者にもならないために!!byケイ子

皆さんこんにちは、ケイ子です。最近ニュース等を多く賑わす路上での様々なトラブル。ドライブレコーダーや防犯カメラの普及により、リアルで衝撃的な内容の映像を直に見る機会も増え、実際に悲惨な結果を招いた事例も少なくありません。というわけで今回のリポートは「ロードレイジ」という言葉をキーに、「あおり運転」「危険運転」はなぜ起こるのか、またそういう車に遭遇すればどうしたらよいか等、簡単にお伝えしたいと思います。

【ロードレイジ(路上の怒り)はどのように生まれるのか?】
まずロードレイジという言葉について。これは直訳すると「路上の怒り」という意味で、あおり運転などの危険な行為や、そのような運転をするドライバー自身の事を指す用語だそうで、そのような行為や心理が生まれる理由としては、急いで運転しているときや、乗っている車の性能・大きさなどで周りの車よりも優位に感じているときなどが多く、中には行為自体を楽しんでいるとんでもないドライバーもいるようです。また人間には、相手がわからなかったり(=自身に匿名性がある)、意思の伝達がしにくい場合などに”攻撃性”が増す傾向があるらしく、数少ない車同士のコミュニケーションであるクラクションやパッシングライトなども、受け取る側の状況や気分によっては逆にトラブルの引き金になってしまうことも考えられます。ロードレイジが生まれるメカニズムについては、岡山トヨペットさんが作成した「STOP ROAD RAGE」がとてもわかりやすいので、ぜひ記事の一番下をクリックしてご覧下さい。
【路上で万一ロードレイジに遭遇したら?】
次に、あなたがロードレイジに遭遇した場合に一番大事なことは「決して相手の挑発に乗らない」事です。前にあげたように、相手はあなたの何気ない車線変更や追越などを勝手に攻撃や妨害と捕らえて怒っている人です。あおられて多少のイラつきが起こっても軽く受け流しましょう。ちなみにアンガーマネジメントの考えでは人の怒りのピークは6秒間程度だそうなので、その間に深呼吸して気持ちを整えるのも有効ですね。モンスターを相手にするのにこちらまでモンスターにる必要は全くありません。その点を十分に肝に銘じておきましょう。また万一停車を余儀なくされ、相手が車を降りてこちらに向かってくるようなケースでは直ちにドアをロックし、窓も開けず、絶対に車から降りないで下さい。そのようなドライバーはもう話し合いで何とかなる状態にありません。冷静にナンバーを控え、携帯電話で110番通報し、警察が駆けつけるのを待ちましょう。また、ドライブレコーダーを設置していれば証拠として記録に残せるのと、ロードレイジの抑止力としても効果があるみたいですよ。まだの人はぜひご検討してみてはいかがですか?というわけで安全で快適なドライブのためのレポートはこれにて終了、それでは次回まで皆さまごきげんよう!ご安全に!!

「STOP ROAD RAGE」YouTube

楽しい「防災ピクニック」で家族ぐるみのトライ&エラー!

体験して、感じて、その先にある「防災」のホント!byハカル

こんにちは、ハカルです!今日はこないだの1コ前にお話した「防災さんぽ」で覚えたコトをもう少し続けてみんなとお勉強したいから、今度は「防災ピクニック」についてお話することにするよ!
●防災ピクニックってどんな感じでやればいいの?

普通のピクニックはみんなでお弁当を持って出かけるけど、そのお弁当を非常食に代えるだけで簡単な防災ピクニックになっちゃうんだ。だって、実際にお外で非常食を食べてみると「カンパンってパサパサしてて全然おいしくないなあ。(→じゃあこれはやめてもっとおいしいやつを試そうよ!)」とか「水が無いからお皿が洗えないや。(→汚さないにはどうしたらいいかなあ?)」とか「あッ!たくみの使う小さいスプーン忘れちゃったッ!(→忘れないうちに帰ったら必ず用意しよッ!)」とかのその時感じた色々なことを考えたり話し合ったりするだけで、ホントに災害が来たときのホントの備えに近づくもんね。
●防災グッズも試してみよう!

あと、非常食のほかにも防災グッズを持って行って、ボクみたいな子どもでもうまく使えるか試してみるのもいいよ。例えば非常用のホイッスルを鳴らすのに子どもには難しいコツがあって、練習しなきゃうまく鳴らないとか、ホントに試して見なきゃわからないコトって意外に多いみたいなんだ。「子供達は想像以上に出来ないことがある」けど、がんばれば「子供達は想像以上に習得が速い!」みたいなとっても簡単で、しかもとっても大事な発見も、この防災ピクニックで体験できたらいいね!
そんでもって行きと帰りにこないだお話した防災さんぽを合わせてすれば、家族でできる防災訓練がもっともっとパワーアップするからそれも忘れないでねッ!それじゃあ今日はここでおしまい、次回までバイバーイ!!

防災ピクニックが子どもを守る!(MAMA-PLUG編・著)

おもてなしの心で食品ロス削減?!ホテルスタッフさん達に感謝!!

毎年の素敵なお心遣い、本当にありがとうございます!!
皆さんこんにちは、管太郎です。さて弊社の安全衛生大会ですが、ファミリーレポートの冒頭でお伝えした通り、実は今年で4年続けて同じホテルを会場に選んでいます。もちろん開催の規模や立地、また予算の都合など、様々な条件をクリアした上でのお話しなのですが、私達が毎年選ばせていただく本当の理由は、スタッフの皆さまお一人お一人の”おもてなしの心”が実に素晴らしいからなのです。例えば初めて使わせていただいた時からご担当いただいているHさんは2回目の利用の際、「前回の宴会ではお料理が○○名分ほど余ったので、今回も同じ規模でしたらその分を差し引いた人数分でご用意させていただこうと思うのですがよろしいでしょうか?」と自分達の不利益になることでも積極的に提案してくれます。しかもその宴会のメニューなのですが、毎年ホール担当の方がそれぞれの料理の”売れ行き”をチェックして記録に残し、シェフをはじめとする厨房スタッフさんと連携してできるだけ料理の余らないメニューに毎回リニューアルしてくださっているということを最近になって知りました。おかげさまで今年の宴会も大いに盛り上がり、料理の売れ行きも実に好調でした。また弊社が持ち込んだ旧式のプロジェクターを開始時間ギリギリまで調整してくれたYさんにも感謝します。皆さん今年も本当にありがとうございました!というわけで、サービス業の当たりまえである”おもてなしの心”は顧客への心配りだけではなく、時には食品ロスの削減、つまり環境への配慮にまでつながる事があるのだ!と気付かせていただく今日この頃でございました!というわけで今回はここまで、ご安全に!!

意外に知らない?!表彰状に○○が無い理由!!

実際に担当して初めてわかった「表彰状」の奥深さ!!byケイ子

皆さんこんにちは、ケイ子です。実は私、今回初めて安全衛生大会の安全表彰で受賞者の皆さんにお渡しする表彰状の発注を担当させてもらったんですけど、あまりにも知らないことが多すぎて、その結果作成をお願いした書道の先生に一から十まで教えていただくことになってしまいました。というわけで今回はそんな私への自戒の念も含めて「表彰状の決まりごと」についてののあれこれをお伝えさせていただくことにしますね。

【表彰状作成時に覚えておくべきマナー】
作成にあたってまず押さえておきたいのが表彰状のマナー。例えば贈呈者が読みやすいように、また受賞者が見やすいようにと思い、先生へ文章の段落毎の改行と、その際に1字下げていただくことを最初のやりとりでお願いしたのですが、その際にお教えいただいたのが「都度の改行や1字下げ、また句読点の挿入など、相手にわかりやすい表記を施すことは逆に失礼にあたる」という事でした。理由としては、明治の中ごろになって初めて「誰でも読めるように」と言う意図で生まれた句読点などの理解しやすい表現は、それが無くても読める人にはその親切心が逆に仇となり、失礼にあたるからなのだそうです。というわけで、相手に敬意を表す場では、句読点や一字下げ、むやみな改行(基本1回まではOK)などの解りやす「過ぎる」表現はマナー違反になるので注意しましょう。(※ただし由来には諸説アリとのことです)また個人だけでなく受賞者が会社や組織であっても必ず敬称を忘れず、また贈呈者よりも受賞者が大きな文字で記載されていることも事前の確認が必要です。

【デザインの意味と選定時のポイント】
表彰状の縁に沿って何気なく施されている金の枠にも意味があって、上部の中心に幸運の雲を表す「雲竜」が、また縁起の良い想像上の鳥「鳳凰(※)」が雲竜を挟むように向かい合い、その鳳凰が宿るとされている「桐」が全体を囲む形になっているのが最もスタンダードなデザインなのだそうです。また、下地の色については、さわやかな白地がスポーツ等の競技や研究などの賞状に、重厚な印象のクリーム地が表彰状や卒業証書にそれぞれ向いているということなので、作成時のポイントとして押さえておきましょう。また最近ではタテ(横書き)型のモノも表彰状や修了証に使われる事が多くなっているようですが、やはり表彰状はヨコ(縦書き)型が主流らしく、圧倒的に多く選ばれているようですね。
(※鳳凰は「鳳」が雄で「凰」が雌、つまり「鳳凰」はそのカップルを指す言葉なんですって、全然知らなかった!)

というわけで、意外に全然知らなかった表彰状についてのトリビア、皆さんはいくつご存知でしたか?今回の作成にあたり、先生には大変お世話になりましたが、来年以降も是非お願いしたいと思っていますので、今後もよろしくお願いします!それでは次回までごきげんよう!ご安全に!!

表彰状のもっと詳しい豆知識はコチラ

意識を変えると景色も変わる!?見慣れた町を「防災さんぽ」!!

老若男女が気軽に出来る危機管理シミュレーション!byハカル

こんにちは、ハカルです!この間のパパの会社の安全衛生大会では、去年の大阪北部地震発生から1年を振り返るリポートや、BCP(事業継続計画)についてのお話など、自然災害への対応に関する話題が多かったみたいだね。だから今回はボクも前のお休みの日に家族みんなで行った「防災さんぽ」についてお話することにするよ!
●まずはお家から一番近い避難場所まで!

そもそも「防災さんぽ」って、いつも通い慣れた道を「実際に災害が起きたらどうなる?どうする?」っていう感じで出来るとっても身近な防災訓練だよね。だから今回のおさんぽはモチロンお家から出発、で目的地は一番近い避難場所の中学校までをルートにすることにしたよ。ちなみに「避難場所」っていうのは一時的に緊急避難するための場所のコトで、災害による危険がなくなるまで被災者や避難者が滞在する「避難所」とは違うんだって。
※ちなみのちなみに今回行った中学校は避難所と避難場所を兼ねていました(笑)byケイ子
●実際に災害が起きた直後をイメージ!

あと、ボクらにとっては初めての防災さんぽだったんで、今回はこのおさんぽをするきっかけになったACジャパンのCMソングにならっていつもの通りを家族全員で歩いたよ。この塀は倒れてこないか?この看板は落ちてこないか?目的地まで橋をいくつ渡るか?渡らないで行けるルートはあるか?なんてね。そんなコトを考えながら歩いたことなんて一回もなかったんで、なんだかとっても変な感じだったけど、今までより「防災」を感じることができたのは絶対だよ。
※いつもはベビーカーで移動することの多いたくみを久々にずうっとおんぶして歩いたので現在も筋肉痛です(笑)by管太郎
●シチュエーションを変えて飽きないように!
最後に、毎回同じおさんぽだと慣れすぎて飽きちゃうかもしれないんで、例えば「今日は2番目に近い避難場所へ」とか「試しに二組に分かれて」とか「防災じゃなくて”防犯”の目線で」、とか状況の設定を変えてみるのも役に立つと思うよ。今回はたまたま7月の小雨の降る日曜日のお昼に行ったけど(※往復で約25分くらいかかったですョbyたくみ)、災害は時間帯・お天気・季節を選んで襲ってくるわけじゃあないからね。それじゃあ今日はここでおしまい、次回までバイバーイ!!

ACジャパン 防災さんぽ(全国キャンペーン)

安全運転管理者講習に行ってきました!!

安全運転の基本と最近の交通事故の傾向について学んできました!!byケイ子

皆さんこんにちは、ケイ子です。さて最近、交通事故に関する悲しいニュースが以前より多いように感じるのですが、皆さんはいかがでしょう?私達の暮らしにとても身近な”車の運転”という作業をより安全なものにする為に、今回は私が先日受講したばかりの、安全運転管理者講習で学んだ事について、3つのキーワードを用いてご報告したいと思います。

【キーワードその① 安全運転マインド】
安全運転マインドとは一言で言うと「安全に運転しようという”意識”」の事を指します。運転技能がいくら優れていても、この意識(マインド)が育っていない運転者は、他の車や人に対して迷惑行為や危険行為をしてしまうおそれがあります。そのような運転者による事故・トラブルを防ぐ為、また安全第一の企業風土を作るためにも、事業所ぐるみで安全運転マインドを実践することをこの講習で勧められました。たとえば、①住宅地の道路では徐行する、②横断歩道では歩行者等に積極的に進路を譲る、③違法駐車は絶対にしない、などといったことを積み重ねるだけでも、地域から良いイメージが定着し、業績に好影響が及ぶことも期待できますよね。

【キーワードその② ドライブレコーダー】
走行中の状況を撮影するドライブレコーダーは、万一の交通事故やあおり運転を受けた際の重要な記録として活用できます。また、実際にレコーダーに残された映像は安全運転の意識付けにも非常に有効な為、安全運転教育の教材として事故やヒヤリハット映像を活用する企業もここ近年に於いて増加の傾向にあるということを学びました。私達も大いに参考にさせていただきます。

【キーワードその③ 高齢歩行者の交通事故】
今回の講習では特に交通死亡者数の割合が高い、高齢歩行者に注目した講義も受けました。ここでは高齢者になると衰えてくる身体的・心理的特性が、交通事故とどのように関係しているのかをまず理解し、高齢者の特徴を理解した上で行動を予測し、適切に対処する事がいかに重要であるかを学びました。当たり前の話ですが、生まれたときから高齢者になった人や、ある日突然高齢者になった人はいません。よって「生きている限り誰もがいずれは高齢者になる」という他人事では済まされない問題として常に考え、日々の暮らしを過ごすことがいかに大切かをあらためて感じる事ができました。

最後に、安全運転の基本に重要な「予測(かもしれない)」の訓練に有効な、様々な交通場面を擬似的に体感できる動画がJAFのホームページにアップされている事もこの講習を通じて知りました。というわけで皆さんも是非ご覧になって下さいね!それでは次回までごきげんよう!ご安全に!!

JAF実写版危険予知・事故回避トレーニングはコチラ

熱中症予防の新常識!飲む対策+「食べる対策」!!

バナナに○○をプラスして、暑い季節を乗り切ろう!!byハカル

こんにちは、ハカルです!今年はまだ6月にもなっていないのに、とっても暑い日が続いているよね。パパ達の働いてる現場でも色んな熱中症対策が本格的にスタートしてるみたいなんだけど、ある現場の休憩時間に配られた「塩バナナ」が作業員さん達にとっても好評だったっていうニュースをたまたま見たパパが、今度自分の現場でも試そうかな?って言ってたよ。というわけで今回は、暑い季節を美味しく乗り切るための「食べる熱中症対策」、”塩フルーツ”の種類と効果について、ボクからレポートするコトにするね!
●塩バナナ

もともと疲労回復の効果が高いバナナって、そのまま食べても夏バテ防止やスポーツ・作業時の栄養補給に適した食べ物なんだけど、それに塩をかけて食べるだけで汗と一緒に流れちゃうナトリウム、つまり塩分も同時に摂ることになるから熱中症の予防には最適なんだって。作り方も超カンタン、冷蔵庫で冷やしたバナナに塩をふりかけるだけなんだ。お好みによっては凍らすのもアリだけど、塩はミネラル成分が高い天日干し塩がおススメだよ!
●塩スイカ・塩キュウリ

スイカやキュウリなど、ウリ科の植物は水分を多く含んでるモノが多いから、これも塩と一緒に食べると熱中症予防の効果が一気にグレードアップするんだって。ちなみにパパはスイカを食べるとき、甘みを強く感じる為にワザと塩をかけてるんだけど、それって体にもとってもいいコトだったんだね。あと、キュウリは塩じゃなくてお味噌をつけて食べても美味しいよね!ってキュウリはフルーツじゃないか(笑)。
●塩キウイ
熱中症予防にキウイって意外な感じがするけど、実はキウイって水分のほかに糖、カリウム、マグネシウム、カルシウムが含まれているから、これに塩をかけて食べるだけで点滴とおんなじ効果があるって言う人もいるくらいのスーパーフルーツなんだって。ボクも今度お外に遊びに行く前にママに作ってもらおうかな?
というわけでこれからはみなさんも「飲む対策」だけじゃなく、美味しく「食べる対策」もプラスして、熱中症予防のバリエーションを増やしてみたらどうかな?だってスポーツドリンクも美味しいけど、毎日毎日じゃあさすがに飽きちゃうもんね!それじゃあ今日はここでおしまい、次回までバイバーイ!!

バナナで夏バテ知らず!?1本のバナナから始まる熱中症対策!

管太郎の「BCP訓練を体験して初めてわかったこと」

BCP(事業継続計画)は通常業務の延長線上に。
皆さんこんにちは、管太郎です。さて、冒頭でも少しふれたのですが、今回はBCPの初回訓練を通じて私なりに感じたことをレポートさせていただきます。まず第一にこれがなかなか難しいのですが、できるだけ照れずに本気モードで訓練に参加することに意味があると感じました。今回は地震を想定して行ったのですが、非常時に事業を継続するということは会社機能のダメージを出来る限り少なく防ぐことであり、それはすなわち雇用を守るという事でもあります。いざという場合のシミュレーションを行い、働いている社員だけで無く、BCPはそのご家族の暮らしにもかかっているとの思いを込め、真剣な気持ちで参加することが肝心ですね。次に感じたのは、通常業務とBCPはそれぞれ分けて考えるのではなく、一つにつなげて考えた方が互いに好影響を及ぼしあうということです。例えばあなたが所属する会社でどのような業務についていても、自然災害などの脅威に企業としてどの対応しているかは、顧客を含む多くのステークホルダーの重要な関心事となっているはずなので、そのような会話を通してつながりにも厚みが増すはずです。あるガス機器の会社で停電時に必要なガス発電機を売っている営業さんは、BCPの訓練等に積極的に参加することで、営業トークのスキルが以前と比べて格段に上がったそうです。またBCPには会社の命運も懸かっている為、人事考課に取り入れている会社も多いようですね。最後に、事業継続計画を軽く考えている会社は離職率も高いようです。台風や地震のたびに大切な人がいつ帰れるかわからないような会社なんて誰も通わせたくは無いですもんね。というわけで今後も主計管工はBCPにまじめに取り組み、社会や社員の皆さんに安全安心をお届けしたいと思っています!それでは本日もご安全に!!