プロフィール

『熱血ブログ!!主計ファミリーの現場バカ日誌』は、安全や品質に関する情報の「共有化」や「見える化」を通じ、少しでも「配管業界全体の活性化」につなげたいという願いを込めて、次世代の配管総合企業を目指す主計管工株式会社がお届けしています。

ファミリー

  • 主計 管太郎(43)
  • 主計 管太郎プロフィール
  • 主計 ケイ子(26)
  • 主計 ケイ子プロフィール
  • 主計 ハカル(5)
  • 主計 ハカルプロフィール
  • 主計 たくみ(8ヶ月)
  • 主計 たくみプロフィール

平成から令和へ、2つの時代をつなぐ主計管工の春

平成への感謝と令和への希望!主計管工の移ろいゆく春!!
みなさんこんにちは!主計管太郎です。さて長く待ちわびた新元号もようやく「令和」に決まり、皆さんもさわやかな希望に満ちた日々をお過ごしの事と思いますが、私はこの4月から改正された入管法のセミナー受講など、おかげさまで有益な日々を過ごさせていただいております!というわけで今回はこの春の主計管工ファミリーレポートからお伝えすることにいたします!

【おかげさまで今年もフレッシュな仲間達が加わりました!】
今年も4月1日付けでパパ達の新しい仲間になる皆さんが主計管工に入社したですよ!晴れの行事の最中に新しい元号が発表されるなんて、パパの会社はモチロン、今年の日本の新入社員の皆さんはとってもラッキーだったですね!たぶん一生忘れない思い出の日になるですヨ!

【入社式翌日から始まる雇入れ時教育と新入社員全体研修!】
入社式翌日からしばらくの間は配属先にかかわらず、全員で同じ新入社員研修を受けることになっています。カリキュラム内容は多岐に渡っていますが、自分が将来担当するであろう業務の「前と後」がイメージできるよう、いずれも新鮮な気持ちで取り組んでくれています。写真は作業実習時のものですが、少し前までは「材料」でしかなかったものが自分達の手で「製品」になっていくさまを体感できた事にとても喜びを感じてくれました!

【本社社屋においてBCP(事業継続計画)初回訓練開催!!】
あと、パパの会社がCSR活動の中でやってるBCPの初回訓練もこないだやったとこなんだよ!今回は地震があった後の避難訓練と、被災後の被害状況のチェックの訓練をしたんだけど、社長さんをはじめ、みんなで真剣に取り組んだんだって!これからも定期的に行う予定だけど、次にやるときは非常時の資産持ち出し訓練や被災者の救助シミュレーションなど、内容を変えたり工夫をこらしたりして続けていく予定なんだって!

【主計管工株式会社創業50周年!新たな1歩を次の50年へ!】
最後に、多くの自然災害に見舞われた去年にその開催をはばかり、延期を余儀なくされていた主計管工株式会社創業50周年の記念式典を、3月の某日にようやく開催させていただきました。おかげさまで参加者の全員が温かい気持ちを共有し、式典と温泉旅行を存分に楽しむことが出来ました。式典当日の朝は近畿各地が雷雨などの悪天候でしたが、集合写真撮影から始まった式典は、今までの天気ががまるで嘘であったかのような晴天に恵まれ、文字通り晴れの日に相応しい、素晴らしい記念の日となりました。祝電をはじめ、お祝いのお言葉をいただいた多くの皆さま。遅ればせながらあらためて感謝致します。どうもありがとうございました!それでは5月よりスタートする令和の時代もどうぞご安全に!!

        平成のグランドフィナーレ!51年目の第一歩!令和の時代も主計管工をよろしくお願いします!!

暖かい春に自転車事故が増える理由って一体?!

新生活の始まる春に意外と多い自転車事故にご注意!!byケイ子

皆さんこんにちは、ケイ子です。今回のレポートは前回にお送りした春特有のお酒との付き合い方に続き、この季節特に気をつけたい「春に多発する自転車事故の原因と対策」についてお送りしたいと思います。

【原因その① 春の開放感】
寒い冬がようやく終わり、暖かい春が来るとその開放感からお花見やサイクリングなど、久しぶりに自転車で出かける人も多いのではないでしょうか?
【原因その② 新生活スタートの季節】
新生活のスタートに伴い、通勤や通学のために初めて自転車を使う人が増えるのも事故の多くなる原因といわれています。
【原因その③ 新しい環境によるストレス】
新しい環境によるストレスから、気分が落ち込む人やいつもより注意力が落ちてしまう人も他の季節より多く、それが事故の原因につながる場合もあるようです。

【対策その① 自転車事故を防止する為に】
木の枝やごみ袋などは車輪に巻き込まれる可能性があるため、路面には十分注意して走行しましょう。ハンドルにぶらさげた買い物袋や傘なども巻き込みの原因になるためこれもNGです。また乗る前にはチェーンのたるみや車輪の空気圧、キズの有無などの状態やペダルの取り付け状況を走行前に確認することが事故防止につながります。
【対策その② 安全のためのポイント】
上記のパーツ以外も含め、乗車前に自転車全体に不備がないか確認することを習慣づけましょう。また新しく買った自転車については購入後1カ月を目安に、ねじのがたつきやワイヤーの伸びなどがないかの初期点検を購入したお店でしてもらうことや、新車以外でも定期的な点検をしてもらうのが良いですね。

というわけで、本来はとってもワクワクする季節であるこのシーズン。お互いに無事故で乗り越え、楽しくて暖かい春を大いに満喫することができればいいですね!それでは今回のリポートはここまで、次回までごきげんよう!ご安全に!!

より詳しいniteの記事はコチラ

もうすぐ歓迎会の季節!初めてのお酒に要注意!!

お酒を楽しむために気をつけたい4つのポイント!!byケイ子

皆さんこんにちは、ケイ子です。もうすぐ待ちに待った春の到来ですね、この季節は大学の新入生や新社会人の人たちが歓迎会などで初めてアルコールを飲む機会の多い季節でもあります。というわけで今回は以前ネットニュースで見かけた「酔いつぶれた人の命を救う4回のチャンス」という記事を皆さまにご紹介したいと思います。
チャンス1イッキはさせない、酔いつぶさない
俗に「イッキ飲み」という言葉がありますが、この記事の中には無理なアルコール摂取を強要する意味での「イッキ飲ませ」という言葉も使われています。短時間に多くのアルコールを摂ること、摂ることを無理強いすることは急性アルコール中毒につながる大きな原因になります。場の空気を壊してでもこのような無茶な飲みかたはやめましょう。
チャンス2酔いつぶれた人を絶対1人にしない

泥酔した人を1人にすると何が起きるかわかりません。私達が働く建設現場でも何かがあった場合に発見が遅れる「一人作業」は原則禁止としいるくらいですから、泥酔者がいる場ではしらふの人が必ずそばにつくようにしましょう。
チャンス3横向きで自然に吐かせる
次は泥酔した人につきそう方へのアドバイスです。酔いつぶれた人を抱き起こして無理に吐かせるのは吐瀉物がのどに詰まって窒息する恐れがあるのでとても危険です。絶対にやめましょう。私も知らなかったことなのですが、記事には急性アルコール中毒による死因の多くが窒息死だとあります。よって寝かせる場合はあお向けではなく横向きに。横向きなら吐瀉物が自然に口から出るので窒息を防ぐことが出来ます。
チャンス4おかしいと思ったら、ためらわず救急車を
最後に、「すぐに救急車を呼ぶべき状態」を5つ。
1.大イビキをかいて、ギュッとつねっても反応が無い。
2.ゆすって呼びかけてもまったく反応が無い。
3.体温が下がり、全身が冷たくなっている。
4.倒れて、口からあわをふいている。
5.呼吸が異常に早くて浅い。または、時々しか息をしていない。
このような場合はためらわず、すぐに救急車を呼びましょう。

というわけで、お酒に初めての方はモチロン、なれた方でも酔いつぶれてしまうことがあります。楽しいお酒で悲しい事故が起きないよう、最低でも以上の知識を身につけて、暖かい春を迎えましょう!それでは次回までごきげんよう!ご安全に!!

元の記事はコチラ

新たなスタートへ!!主計管工の2019年!!

国を挙げてのイベントが目白押し!2019年はどんな年?!
みなさんこんにちは!主計管太郎です。2019年が始まってもうすぐ1ヶ月が過ぎようとしていますが、皆さんはいかがお過ごしでしょうか?私たち主計管工は1月初旬の仕事始めから現在に至るまで、おかげさまで穏やかなスタートを切ることが出来ました。社長の年頭の挨拶にもあったとおり、「己亥(つちのとい)」に当たる2019年は私達にとってまさしく”大いなる準備期間”に相応しい一年となりそうな予感がします!(詳細は後の私のレポートで!)

【1年の無事を新年に祈る。新年安全祈願祭開催!!】
年の初めの安全恒例行事、新年安全祈願祭も近くの神社で滞りなく行われたですよ!今年は去年よりも多くの人が集まってくれたので、待合の社務所の中も大賑わいだったですね。(写真上)今年一年も現場の皆さんが無事にお仕事できますように、ボクもお祈りするですよ!

【業界イメージアップの為の説明会にも早々に参加!!】
様々な教育機関の皆さんが企画された学生さん向けの企業説明会にも年明け早々から積極的に参加しています!このような活動は、去年から始めた夏のインターンシップと同じく、建設業界全体のイメージアップにつながる草の根的なCSR活動であると私たち主計管工は認識しています。よって2019年もそのような気持ちで続けていきますので、学生・生徒の皆さん、どこかでお会いした時はどうぞよろしくお願いいたします!!

【4月からのB.C.P(事業継続計画)スタートに向けて!!】
CSR活動といえば、去年から数えて第6回目のB.C.P.会議をこの1月に開催したよ!(写真上)翌2月の7回目の会議で最終的な書類の読み合わせをしたら、3月に初めての防災・事業継続訓練が行われる予定なんだって。それら全部を無事にクリアすれば、いよいよ4月1日からの正式なB.C.P.スタートにGOサインが出るらしいよ!!主計管工の皆さん、準備はOK?!

【大きな行事が続く2019年も、どうか無事故でご安全に!!】
というわけでこの2019年は、200年ぶりの天皇陛下の御退位や皇位継承の儀式に伴う改元がこの春に、また大阪で開催予定のG20が夏に、ラグビーワールドカップが秋にと、国を挙げての大きな行事が目白押しの年になる予定です。皆さんも様々な形で関係されることとは思いますが、やはり何事にもまずは安全を第一に、この1年を無事に乗り切れるといいですね!それでは今年も1年を通じてご安全に!!

        創業51年目の新たなる第1歩!2019年も主計管工をどうぞよろしくお願いします!!

管太郎、年の初めに干支を真剣に考える!

干支にまつわる深いお話、12年じゃなくて60年?!
皆さんこんにちは、管太郎です。冒頭のファミリーレポートでも少し触れたように、今回は干支についてのあれこれをレポートにしてお送りしたいと思います。先ずは皆さん、今年の干支は?と聞かれると多くの人が「亥(いのしし)!」と答えられると思いますが、これは厳密に言うと間違いです(驚!)。なぜかというと、そもそも干支という暦の概念は、十干(じっかん)と呼ばれる周期の中の一つの干(かん)と十二支の支(し)が合わさって干支(えと)、となるそうなので、正確には今年の十干である己(つちのと)と十二支の亥(い)が合わさる2019年の干支は己亥(つちのとい)というのが本来の干支となるわけです。。。。。。。(難っ!)次に今年の十干である己には、「一旦繁栄したものを統制する」という意味合いが、また十二支の亥には「生命の力が閉じ込められている状態」という意味合いがそれぞれにあるそうなので、これらが合わさる2019年は、「現在の状況を維持し、守備の姿勢に徹する時期」という解釈(諸説アリ)になるらしく、すなわちこれは去年に創業50周年の節目を迎え、今年からある意味新たな第一歩を踏み出す主計管工にとって、次のステージに向けた貴重な準備期間であるとも言えるでしょう!(強引?)ちなみに私が12年で一周だと思っていた「干支」は実は60年で一周であるということも今回同時にわかったので、今年最初のレポートは前回の己亥年生まれの皆さんへ感謝の気持を込めて結びたいと思います。皆さん、還暦おめでとうございます!!それでは本年もご安全に!!

冬の必須アイテム、ダウンジャケット選びのポイント!

冬のおしゃれや生活にかかせない心強い味方!!byケイ子

皆さんこんにちは、ケイ子です。新しい年が明けてしばらく経ちましたが、それと共に冬の寒さも日に日に厳しくなってきましたね。というわけで今回はそんな季節の必需品、ダウンジャケットの選び方のポイントについていくつかご紹介したいと思います。
ポイント①中綿の素材について
ダウンジャケットの中綿に使われている素材は主にダウンとフェザーの2種類があり、ダウンは水鳥の胸の羽毛、フェザーは水鳥の羽の部分のことを言います。ダウンはとても軽く、保温効果も高いのですが、一羽から5~10gしか取れないので、素材の中では高価な部類に入ります。それに対し、フェザーはダウンに比べると保温性は下がりますが、弾力性と通気性が高いので、ダウンと混ぜて使われることが多い素材です。ただしこの2つの素材は水濡れに弱いという特性もあるので、あえて水濡れに強い化学繊維系のダウンを選ぶ人もいますが、ダウンやフェザーに比べて少々重いということも覚えておいてください。
ポイント②用途別の選び方
本格的なアウトドアシーンで着用する場合は防寒性や保温性を重視し、できるだけ耐水性の高いものを選んでください。また逆に街歩き用で使うのが主な用途であれば、暖房されている建物や乗り物の中で汗をかいて体を冷やしてしまう恐れがあるので、それほど保温性にこだわる必要はありません。これら主な2つの用途を考慮した選び方の目安として、ダウンの配合率が高いものほど軽く、保温性に優れているということを覚えておくといいですね。
ポイント③フィルパワーとは?
ダウンジャケットを選ぶポイントの一つに、「フィルパワー」という単位があります。これはそのジャケットに使用されている羽毛の質を表す為の数値で、フィルパワーが高いほど羽毛のふくらみ(=体積)が大きく、より良質なダウンであるという判断の基準になっています。一般的に600フィルパワー以上が良質ダウン、700以上で超高品質ダウンとされているようですが、これも事前に調べられる場合は参考にするといいですね。

というわけでそろそろレポートを終りますが、少しはお役にたちましたか?以上のようなポイントを踏まえた上で、自分に合った最高のダウンジャケットを上手に選んで、この厳しい冬を暖かく乗り越えましょう!それでは次回までごきげんよう!ご安全に!!

もっと詳しい記事はコチラ

主計ファミリー、平成最後の1年を振り返る!!

平成最後の年、皆さんはどんな1年を過ごされましたか?!
みなさんこんにちは!主計管太郎です。今回は平成最後の12月ということで、主計管工の1年を振り返るファミリーレポートをお送りしたいと思います。というわけでまずは年始の話題から。今年から恒例行事として立ち上げた新年安全祈願祭を1月10日に地元神社で執り行いました。そのおかげもあり、主計管工は今年も現在まで労災ゼロを続けています。来年の年始も、まずは人事を尽くした上で神様に無事を報告できるよう、この状況を全員で維持していきたいと思っています。

【今年も新しい仲間が増えました!!】
韓国の平昌で開催されたオリンピック・パラリンピック、とっても感動したですね~。その熱で雪がとけた春、主計管工にも新しい仲間が増えたですよ!新入社員のみなさんは色んな研修を受けた後、今はそれぞれのお仕事場でしっかりとお仕事してるです。今年の新人は特に元気がいいってパパも喜んでたです。

【自然災害にも万全の備えを、B.C.P.スタート】
2018年は今年の漢字に「災」が選ばれたように、とにかく風水害や地震など、多くの自然災害に見まわれた1年でした。中でも6月18日の朝に起こった大阪北部地震については、約11万戸のご家庭にお届けしていた都市ガスの供給が地震により停止されたため、主計管工も早期復旧に向けて多くの応援隊を組織するなど、めまぐるしい日々を過ごしました。また、その直前に立ち上げたばかりのB.C.P.(事業継続計画)が企業にとっていかに重要であるかを身をもって実感できた1年でもありました。

【インターン・シップも今年から本格的に!】
今までは1Dayだった学生さんへのインターンシップも今年からカリキュラムを新しくして、なんと7日間の本気モードにバージョンアップしたんだ!いつかの回でもお話したとおり、営業→設計→施工管理と、パパが実際にやってるお仕事の時間の流れ通りに実習してもらって、お水やガスがどんなふうにお家まで届けているのかをより深くわかってもらえるようにみんなで工夫したんだって。そのせいもあって、来てくれた学生さんたちもとっても楽しそうだったよ!参加してくれた皆さん、ありがとうございました!来年もやるんで後輩の人たちに「楽しかった!」って言いふらしてくださいね!

【おかげさまで創業50周年】
年の瀬も近づく11月の終わり、2025年に大阪で万博が開催される事が正式に決まったというニュースが届き、日本中が歓喜に沸き立ちました。一時代のフィナーレに相応しい、とても嬉しい知らせでしたね。さて、このように様々なことがあった1年ですが、実はこの2018年は主計管工にとって、創業50周年を迎える節目の年でもありました。先に述べました通り自然災害が多く重なったこともあり、華やかな行事や式典は自粛していたのですが、それでもささやかな記念となる自社製のメジャーを作成いたしました。社員やお客様をはじめ、ステークホルダーの皆さまには年内までにと随時お贈りしているところなのですが、社名の一文字である「計=(はかる)」にちなんで製作したこのメジャーには、これからの発展の願いも込めています。ご縁があってお手にされた方はどうぞ末永くご愛用いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。それでは今年も最後までご安全に!!

今年も色々とお世話になりました!来年で51年目に突入の主計管工をこれからもよろしくお願い致します!!

寒い季節に大活躍の暖房器具!でも取扱いには十分な注意を!!

悲しい事故につなげない為に、寒い季節を安全に暖かく。byハカル

こんにちは、ハカルです!とっても寒い冬の季節は、お部屋やカラダをあったかくしてくれる暖房器具がとっても便利だよね。でもその製品のコトや使い方をあんまり知らないで使ってると、悲しい事故につながっちゃうこともあるかもしれないから、使う前にはイロイロとお勉強して、安全に正しく使うようにしなきゃね!というワケで今回は暖房器具の事故防止についてレポートするよ!まず、暖房器具の事故は10月からだんだんに増えていって、1月に一番多く起きちゃうみたい。だから今くらいの時期に特に注意が必要だよ!次に、事故の全体の中でもお年寄りの事故が特に多いみたいだから、最低でも後に出てくる注意のポイントは伝えてあげてね。あと製品別では電気ストーブ、石油ストーブ、石油ファンヒーターなどがそれぞれ多くの事故の原因になっているらしいから、これから買う予定のヒトは、デザインや値段だけじゃなく、安全のコトもよーく考えて買うように気をつけてね。
それじゃあ最後に暖房器具の事故を起こさないためのポイントを4つだけっ!

①暖房器具の近くに燃えるものは絶対置かない!
②寝るときや使わないときは電源のスイッチを切って、プラグも抜いちゃう!
③火や熱が完全に消えたコトを必ず確認する!
④これから使う暖房器具の取扱説明書を必ず読む!読み返す!(ジツはゆたんぽにもトリセツがあるんだ!)

それじゃあ、以上の点に注意して、寒~い冬をあったかく安全に過ごそうね!もっと詳く知りたいヒトは、事故の再現映像や、リコール製品の情報がいっぱい載ってる製品評価技術基盤機構(nite)のホームページを見てね!それじゃあ今日はコレでおしまい、次回までバイバーイ!!

独立行政法人 製品評価技術基盤機構のHPはコチラ

主計管工株式会社が、実は狙い目な4つの理由。

進路に迷っている君!一生のお仕事がここにありますよ!
みなさんこんにちは!主計管太郎です。今回は「主計管工株式会社が、実は狙い目な4つの理由」と題し、主計管工ブログのキャラクターである私たちファミリーが、就職活動をされている全ての若い皆様へ、弊社や業界の埋もれた魅力を詳しくご紹介しますぞ!

【狙い目その1.人々の暮らしのお役に!】
まず、主計管工㈱は水・ガス・空調など、あらゆる配管の「施工管理」でライフラインを支える、つまりは人々のお役に立つことによって成り立っている、実はやりがいだらけの会社なんです。しかも遠い過去から遥かな未来に至るまで、「配管」というモノは人々の快適な暮らしに絶対欠かかせないものなので、今後の技術の進歩にかかわらず、一度習得すると一生のお仕事にもなるとっても堅実な業種を取り扱ってる会社なんですよ!

【狙い目その2.個人資格は働きながら!】
次に、主計管工㈱って実はお仕事に必要な知識や資格は会社に入ってからで全然OKなんだよ!しかも一人ひとりの成長に合わせてステップアップしてもらうのが基本だから、そんなにしんどい思いをしなくても、働きながら自然にお仕事のことを覚えていけるんだって。資格を取るためのお勉強は、会社や大阪ガスさんの教育施設を使ってキチンと教えてくれるみたいだから、パパなんて気がつかないうちに個人資格を20個以上も取ってたんだって!こないだ数えたみたいだよ!

【狙い目その3.これからも「ヒト」の力で!】
3つ目は他のお仕事と違って、実は主計管工㈱のようなゲンバで「ものづくり」をするお仕事は、AI化するのがとっても難しいですから、これからも絶対に「ヒト」の力が必要とされるお仕事なんです!特に建設のお仕事は今、若い人たちの数が全然足りていないので、先輩達みんなが親切に接してくれるですよ!あと、ゲンバのお仕事って男っぽいイメージが強いですけど、実は女性の方が向いているお仕事もいっぱい有るし、受け入れ態勢もバッチリですから、女子の皆さんも大注目ですよ!

【狙い目その4.4拠点の全てが大阪府下!】
最後に、主計管工㈱は本社・導管事業部・ガス設備事業部・設備事業部の主要4拠点すべてが大阪府下にあるので、転勤の心配が一切ありません。また、実は主計管工㈱は大阪ガスさんの指定業者でもあるので、好況・不況にかかわらず、創業から半世紀を経た現在まで、堅実に無借金経営を続けております。100年の計の折り返し地点である今、次代の50年も「選ばれ続けるために」、主計管工㈱はあなたの若い力を必要としています!このリポートをご覧になって少しでも興味をもっていただいたなら、弊社のHPよりエントリーしていただくようよろしくお願いいたします!それでは本日もどうぞご安全に!!

というわけで、やりがいや将来性の有るお仕事をお探しの皆さん!実は狙い目な主計管工を是非是非チェックしてください!もっと知りたい方は今すぐHPへ!!

第22回大阪・淀川市民マラソンに参加しました!!

スポーツはくれぐれも体調管理に気をつけて楽しみましょう!!
皆さんこんにちは、管太郎です。さて、スポーツを楽しむのに丁度良い季節になりましたね。実は私もつい先日の11月4日(日)に開催された、第22回大阪・淀川市民マラソンのハーフマラソンに参加させていただいたばかりなんです。大会当日はおかげさまで気候にも恵まれ、普段は通れない淀川大堰(よどがわおおぜき※写真)をゆっくり渡りながら初めてのハーフマラソンを爽やかに体験することができました。またコース上ではポイント毎に設けられた給水所で水やスポーツドリンクはもちろん、バナナやキュウリ、ミカンやアンパンなど、走るのに必要な水分やカロリーを補給することにより、こんな私でもなんとか完走いたしました。ボランティアをはじめとする関係者の皆さま、すばらしい大会をありがとうございました!また前日受付のトークショーやスタートの直前、私たち市民ランナーへの的確でわかりやすいアドバイスをしていただいた大会ゲストであるシドニーオリンピック金メダリストの高橋尚子さん!ゴールの直前にQちゃんとハイタッチしたことは一生の思い出になりそうです!重ねて御礼申し上げます!それでは最後に、私もそうだったのですが、久しぶりのスポーツでケガをしないための注意点をいくつかお知らせしておきますので、皆さんも是非ご参照ください。
一、事前に日常的なストレッチ運動を習慣的に行い、
二、そのスポーツに見合ったシューズやウェアを準備し、
三、運動の最中は今の自分の実力を過信せず、
四、終ってからの体のケアも十分に行き届かせたうえで、

皆さんの大好きなスポーツを楽しみましょう!
というわけで今回のリポートはこれにて終了、それでは本日もご安全に!!