プロフィール

『熱血ブログ!!主計ファミリーの現場バカ日誌』は、安全や品質に関する情報の「共有化」や「見える化」を通じ、少しでも「配管業界全体の活性化」につなげたいという願いを込めて、次世代の配管総合企業を目指す主計管工株式会社がお届けしています。

ファミリー

  • 主計 管太郎(43)
  • 主計 管太郎プロフィール
  • 主計 ケイ子(26)
  • 主計 ケイ子プロフィール
  • 主計 ハカル(5)
  • 主計 ハカルプロフィール
  • 主計 たくみ(8ヶ月)
  • 主計 たくみプロフィール

新年度のスタートは新たな脅威への取り組みから!!

令和2年度の春は新型コロナウイルスの本格的な対策から。
みなさんこんにちは!主計管太郎です。さて、以前より日本や世界各国で拡大の一途をたどっている新型コロナウイルスの感染状況ですが、残念ながら現在も日本では依然としてその脅威は衰えを見せず、終息の兆しも見えないままの状態が続いており、弊社ももちろんさまざまな影響を受けながらの新年度スタートとなっております。というわけで今回は、新型コロナウイルスの対策に絡めた春のレポートを、敢えて普段と変わらないファミリー形式でお送りする事に致します。

【祝!入社式!でも「3密」の状態には絶対しないです!!】
まず、4月1日に予定通りに行われた入社式ですが、いつもより時間は短く、いつもより参加人数を減らし、いつもよりスペースを広くとって、いわゆる「3密」の状態を避けながら開催したですよ。パパの会社は空調工事のプロでもあるですから、モチロン換気もバッチリでしたね。参加者全員がマスク姿の入社式。今年の新入社員のみなさんにとって、一生に一度のいい思い出になればいいですね。

【新入社員研修に初めての試み、テレワーク研修の一部導入】
その後の新入社員研修ですが、入社式と同じく「3密」の状況は作らず、通勤ラッシュを避けた時短カリキュラムを用意し、屋外の敷地も多用したものにするなど、さまざまな工夫を凝らしての実施となりました。研修は現在も継続中ですが、カリキュラムの内容によっては、在宅でできるものもあり、実際にテレワークでの研修も手探りながら、一部ですが行っています。もう少し詳しい内容については、後ほどの私のレポートでお送りしますので、どうぞそちらも御覧下さい。

【ガス設備事業部新社屋がおかげさまで無事に竣工したよ!】
前に地鎮祭や上棟式の様子をレポートしてた、ガス設備事業部の新しい建物がついに完成したよ!新型ウイルスの影響で、必要な材料や器具が届くのが遅れたりして、心配なこともあったみたいだけど、それ以外は全然大丈夫!おかげさまで無事に竣工したんだ!ホントならみんなにお披露目したいとこだけど、そこはぐっと我慢。毎日キレイに整理整頓を心がけて、ウイルスの心配がなくなった時にあらためて見てもらえるように、いつまでも新しさをキープしてお仕事しようね!

【今迄に経験のない大きな脅威を前にして、私達に出来る事】
弊社はガスや水の配管を扱うインフラ事業が仕事なので、一定期間の休業などはやはり難しいのですが、それでも政府による緊急事態宣言が出される少し前から、新型コロナウイルス感染防止のための企業指針を策定し、社内で共有・実施して参りました。4月7日の宣言以降は更に加速して対策を練り、時短勤務や時差通勤、交代制による在宅勤務など、「うつらない・うつさない」ために、できることをできる限り実行に移しています。もちろん私も時差・時短、また可能な場合は在宅で勤務し、晴れた日は自転車で通勤しています。車体のメンテを欠かさず行い、交通ルールを遵守し、ヘルメットとマスクを着用した上での自転車通勤は、感染リスクを下げるだけでなく、気持ちも大いにリフレッシュされ、オマケに運動不足の解消にもなり、良いこと尽くめな通勤手段であることを日々実感しています。おかげで体重も少しですが減りました(笑)。来年も桜は咲きます!いつか本当の春を迎えるため、みんなで力を合わせ、それぞれのできることを、できる限り実行していきましょう!それでは今回のファミリーレポートをこれで終わりたいと思います!本日もご安全に!!

        皆様のお会社ではどの様なウイルス対策をされていますか?機会があればぜひお教え下さい!

令和2年度安全衛生大会その他行事中止のご案内

この状況を「不測時」と捉え、誠に残念ではありますが今年度は中止と決定させていただきます。(写真:前年度大会)
皆さんこんにちは、管太郎です。さて、本日は私から大変残念なお知らせがあります。弊社安全衛生活動の一貫として毎年7月の初旬に行っている安全衛生大会の開催を、弊社安全衛生協議会役員の皆様との協議の結果、新型コロナウイルス感染防止の観点から本年度は中止させていただくことに決定いたしました。また、例年同日に開催をしている定時総会も同様に、こちらも中止とさせていただきます。本年度の各議案につきましては、5月初旬の正式な中止のご案内とともに、委任状を送らせていただきますので、6月にリモート開催を予定している役員会にご一任いただければ、その可否の結果を資料として後日郵送させて頂きます。この度の件、会員の皆様におかれましては何卒ご理解の程、宜しくお願い申し上げます。以上、取り急ぎお伝え致します。

新人教育もコロナ対策!テレワーク研修に初チャレンジ!!

離れているからこそ見えるもの?在宅研修の思わぬ効果!byケイ子

皆さんこんにちは、ケイ子です。今回の私のレポートは、先程のファミリーレポートで少しふれた主計管工初の試み「テレワークによる新人研修」についてお伝えすることにします。

新型コロナウイルスの影響により、入社式の翌日からしばらくの間、時差通勤・時短カリキュラムによる研修を余儀なくされていたわが社の新入社員たちですが、用意したカリキュラムの中には在宅で出来るものもあるため、そんな時は、あるSNSを利用した「テレワーク研修」にシフトを切り替えて実施するようにしています。

例えば、ある日の在宅研修の内容は、これからの仕事に必要な「保安行動4カ条」についてのものだったのですが、最初はあえて本題にはふれず、「新型コロナウイルス」に関する情報を、SNSによるビデオ通話で共有してもらい、なぜ在宅で研修しなければならないのかを研修生にあらためて実感してもらいます。次にようやく1.基本ルールの遵守2.確実な伝達3.再確認4.不測時の中断からなる「保安行動4カ条」の必要性を唱え、最後にそれらを応用した「新型コロナウイルス対策4カ条」を研修生同士で話し合い作成する。といったものでした。(詳しくはあとのハカルのレポートで!)

他にも過去に起きたトラブル事例の原因や対策を、全員参加のディスカッションで導き出す内容のものや、安全作業・保護具等にまつわる動画をそれぞれで“ググり”まくってもらい、自分がベストだと思う動画をお互いにプレゼンしあう内容のものなど、各自の「自主性」を尊重したうえで、少しの「専門性」を付け加えることをすべてのカリキュラムに施し、いつもより制約のある研修に少しでも血が通うような創意工夫を重ねながら続けている毎日です。

スタートした当初は手探りの状態で少し不安もありましたが、対面での研修よりも客観的に研修生のキャラクターが見えたり、スマホの画面越しの方が活発な意見が交わせたり、多くの面で「テレワーク研修」に“良い効果”があることを今回知ることができました。ということはもしかすると、このコロナ禍が無事に去った後も、様々な分野での「在宅化」がより一層加速していくかもしれませんね。というわけで本日のレポートはここまで、次回まで皆さまごきげんよう!

Kくんオススメの安全動画「墜落防止デモンストレーションのご紹介」 -3M Japan-
Mくんオススメの安全動画「【作業別安全衛生対策のポイント】整理整頓」 -厚生労働省-

発表!みんなで作った新型コロナウイルス対策4カ条!!

研修生さんたちの成果をちょっとだけレポートするよ!!byハカル

こんにちは、ハカルです!今回の僕のレポートは、パパの会社の新入社員さんたちが研修中に作った「新型コロナウイルス対策4カ条」の発表だよ!!

【4カ条その1!コロナウイルス対策の基本ルール遵守】
・手洗い、うがい、手の消毒、室内の換気をこまめに行う!!
・「密集」「密閉」「密接」の3密を避ける!!
・不要不急の外出はせず、それでも外出が必要なときはマスクを着用する!!
・普段から十分な睡眠をとり、免疫を高める!!

【4カ条その2!コロナウイルス対策の確実な伝達】
・自分の周りにいる家族や友達に正しい手洗い、うがいの方法を教えて実践してもらう!!
・緊急事態宣言の内容を、更新内容も含め正しく理解する!!
・会社のウイルス対策に関する企業指針をいつでも読めるようにしておく!!
・新型コロナウイルスに関する最新情報を家族や友達で話し合う!!
・最寄りの保健所の「帰国者・接触者相談センター」の電話番号を調べて家族と共有する!!

【4カ条その3!コロナウイルス対策の再確認】
・外出前にマスクやハンカチなどを忘れていないか確認する!!
・外出前に体温を計る!!
・コロナ対策基本ルールのメモをくり返し読む!!
・目的の場所が混雑する時間を事前に確認する!!
・自分の手洗いに間違いはないか、たまに家族に見てもらう!!

【4カ条その4!コロナウイルス対策の不測時の中断】
・自分の家族や友達に発症の疑いがあるとみられた時、上記センターに電話する!!
・発熱や味覚障害など、体調に異変を感じた時は絶対に外出しない!!
・外出する目的の場所が思いがけず3密状態になっていた時はあきらめて引き返す!!

他にもいろんな意見があったけど、せっかくみんなで作った新しい4カ条だから、ちゃんと覚えて、今日からでも使ってみようね!それじゃあ今日はこれでおしまい、次回までバイバーイ!!

陸上自衛隊 信太山駐屯地を見学してきました!!

国防や災害派遣で国に貢献!信太山駐屯地見学レポート!!
みなさんこんにちは!主計管太郎です。今年2回目のファミリーレポートは、地域の防犯協会さまの企画により2月4日に開催された、陸上自衛隊信太山駐屯地の見学会の模様をお伝えしたいと思います!写真でもお分かりの通り、当日はお天気にも恵まれ、昔活躍した戦車やヘリコプターなどの展示物や、各施設をほぼ一日かけて、たっぷりと見学させていただきました!

【フル装備でプラス20㎏!自衛隊員さん達の過酷な訓練!!】
まずは隊員さんたちの訓練についてお伝えするです。上の写真は最近入ったばっかりの新入隊員さんたちの訓練前の様子を撮影したモノですが、入隊後はまず前期3か月の基本訓練と、後期3か月の専門訓練を必ず受けるそうですね。この日はこれから3班に分かれて、水のたっぷり入ったタンクを持っての運搬訓練、短距離ダッシュ、反復飛びをそれぞれのチームが交互に行ってたですよ。とってもキツそうでしたけど、皆さんホントにカッコよかったですねぇ~。

【ランチも隊員さん達と一緒!気になる本日のメニューは?】
新入隊員さんの訓練見学の後、全国でも屈指の強さを誇る格闘訓練隊の皆さんがいる武道場へとご案内していただきました。朝一のキツい訓練の直後だったそうで、皆さんダウンぎみだったそうですが、それでも抑えきれない熱気が場内に漂っていました。その後のランチはありがたいことに隊員さんたちと同じ食堂で、同じメニューのものを摂らせてもらいました。大きなお鍋で作っていただいたカレーライスはもちろん最高で、なぜか懐かしい味わいを感じました!

【初めて見たさざれ石には、いったいどんな意味があるの?】
午後からは修史館っていう、とっても古くてカッコいい建物の中で展示品を見ながら、信太山駐屯地の歴史を勉強したよ。写真はそのあとの移動中に見せてもらった、「さざれ石」っていう大きい岩なんだけど、これが国歌の君が代の歌に出てくるあのさざれ石なんだって。近くでよく見ると形や大きさの違うたくさんの石がくっついた岩になってて、こうなるまでにはとっても長~い時間がかかるんだって。それって、一人一人の力は小さいけど、みんなが心を合わせれば、こんなにも大きく強くなれるんだよって意味なのかなぁ?全国各地にさざれ石はあるみたいだけど、駐屯地にあるって、一番ピッタリだよね!

【売店でお土産に買ったスイーツもやっぱりミリタリー!!】
駐屯地の歴史を学んだ後、新しい建物に場所を移し、現在の信太山駐屯地の活動状況をレクチャーして頂きました。市民との交流イベントを盛んに行っていることもその際に知り、この四月にも創立63周年の記念行事が予定されているとの事ですが、昨今の新型コロナウイルスの影響により、全国で予定されているの様々なイベントと同様に、今年はその開催が危ぶまれているようです。開催するか否かの決定は、駐屯地HPでわかるようなので、興味のある方はそちらをご覧ください。写真は売店でお土産に買った「専守防衛」という名前のチーズケーキと、カーキ色のマスクです。どちらも自衛隊ならではだと思い購入したのですが、マスクを手に入れるのがこれほど困難になるなんて、あの頃はあまり思いませんでした。って余談でしたね。それでは今年2回目のファミリーレポートを終わります!本日もご安全に!!

        ガイド役の広報担当さまをはじめ、信太山駐屯地の皆さん、どうもありがとうございました!!

新入社員を「ほったらかし」にしない教育制度の確立!!

希望に満ちた新人達を、「不安」にさせないための努力!!
皆さんこんにちは、管太郎です。さて、春の入社シーズンも近づき、おかげさまで今年も新たな人材達が4月から弊社の一員として入社する予定です。それに先立ち、先日行われた直近の月例会議でも、中井常務よる「今後の教育体制の在り方」についてのプレゼンがあり、それを受け、教育のプログラムや内容の見直しなど、教育の専門部署や各事業部では、4月に向けた新入社員受け入れの追い込み態勢に入っているところです。中でも入社から本格的な配属までの重要な橋渡し期間となる全体研修は、自社教育施設を利用した実技実習カリキュラムの追加や、業務シミュレーション座学の新たな導入など、内容の充実はもちろん、期間も延長して行う予定です。また配属されてからの各事業部による研修でも、専属トレーナー制の導入や、キャリアマップの提示など「ほったらかしにしない教育」を合言葉に、社内の教育体制を更に磨きあげていこうと思っています。前述のプレゼンにあった通り、教育体制の充実は、定着率の向上や採用活動のPRにも確実につながっています。なにぶん遅ればせな部分も多く、まだまだ手さぐりの状態ですが、何らかの成果があれば、4月以降のレポートでお伝えしようと思っています!最後に、今年で入社3年目になる施工管理士見習いのY君が先日母校を訪ね、「今度小さいながらも、メインで現場を任されることになりました!」といううれしい報告があったと、進路指導の先生からご連絡をいただき、社員一同とても幸せな気分になりました。お預かりした貴重な人材は、今後も全力でサポートしますので、どうぞご安心ください!というわけで今回は、弊社の教育に関するレポートをお届けいたしました!それでは本日もご安全に!!

令和初の新春ファミリーレポートで本年もどうぞよろしく!!

遂にオリンピック・パラリンピックイヤー到来の2020年!
みなさんこんにちは!主計管太郎です。2020年が始まってもうすぐ1ヶ月が過ぎようとしていますが、皆さんはいかがお過ごしでしょうか?私たち主計管工は1月6日の仕事始めを皮切りに、おかげさまで今年も良いスタートを切ることが出来ました。また新年会の社長挨拶の中にあった「今年の干支である庚子は、時代が変わる節目を象徴する年であり、また新たなサイクルが生まれる年でもある。よって今年は今までの準備を実行に活かす絶好の機会である」という言葉を合言葉に、それぞれの役割をそれぞれの立場で”具体的に実行する”2020年にしたいと思っています!(例によって干支の詳細は私のレポートで)

【年末の保安訓練は新保安行動4カ条「確実な伝達」!!】
今年の新年会の会場は、プロジェクターが使えたので、去年の主計管工のお仕事を振り返る映像を流したですよ。写真はその中の一コマで、去年の仕事納めの日にやった保安訓練のトキのものですネ。訓練も映像も、新しくなったばかりの保安黄道4カ条の中の「確実な伝達」をキーワードにしたですョ。おかげさまでどちらも手ごたえのあるものになったですが、人に何かを伝えるって、ホントに難しいですネ。

【業界イメージアップもブランドも、まずは安全から!!】
今年もインターンシップやBCPに加え、CSRの新しい施策のスタートを検討しているのですが、それにはまず安全が第一。それも自分の身の安全を一番に考えなければなりません。自分の安全が守れない人に他人やチームの安全を守れるわけがありません。私たちが目指す業界のイメージアップや企業ブランドの形成も安全という基礎があってこそのものです。今年私たちはさまざまな新しいことに挑戦しようと思っていますが、高い安全意識だけは不変のままです!!

【一年の安全を祈願する恒例の新年安全祈願祭を今年も!!】
おかげさまで去年もパパの会社では大きな事故がなかったんだ。それってやっぱりパパや仲間のみんなで精一杯安全に注意してお仕事した結果なんだよね!だから今年も一年そんな風に全員で一年をがんばって、事故のないゲンバを作って、また今年みたいに来年も神様にお祈りできればいいよね!ってこの写真に写ってるの、ボクが通ってる保育園のみんなかなぁ?え?じゃあ、あれってボクかな?(笑)

【東京オリンピック・パラリンピックもまずは無事故で!!】
というわけで、写真のたこ焼きでさえ五輪マークに見えてしまう(私だけ?)2020年ですが、競技に参加するアスリートや観客の皆さんはモチロン、海外からの旅行者の皆さんや運営サイドのスタッフ・ボランティアの皆さん、ひいては期間中に日本にいるすべての人々が無事に終われるオリンピックになればいいですね!安心安全という競技でも金メダルを!それでは今年も1年を通じてご安全に!!

        オリンピックイヤーの2020年も、主計管工をどうぞよろしくお願いします!!

今年は十二支の第一走者ねずみ年!でも干支は?!

  • 新年は恒例の干支エピソード!今年の干支は「庚子」!!
    皆さんこんにちは、管太郎です。私からの新春初レポートは、去年に引き続き「今年の干支」についてお話ししたいと思います。まずは前年にもお伝えした通り、今年の干支は支(し)のみを表す「ねずみ」ではありません。それに今年の干(かん)を表す庚(かのえ)を合わせた「庚子(かのえね)」が今年の干支になります。ではその庚子にあたる今年はどのような年になるのでしょうか?まず「庚」ですが、その意味の中に「終わり」というものがあるのだそうで、これを十二支の「子」が表す「始まり」という意味に合わせると、「終わりの始まり」と捉えることができます。つまり「庚子」にあたる今年は、古い既成概念がその「終わり」をつげ、新しい価値観を持つ世界の「始まり」の年になる、ということが言えます。ちなみに歴史をひも解いてみると、前回の庚子である1960年には、今までにない「カラーテレビ」を戦略的に使ったJ・F・ケネディがその年のアメリカ大統領選を逆転で制したことにより、その後の世界の価値観が大きく変わる転換の年でありました。また、古くはこの日本で、その後の永きにわたり繁栄することとなる、徳川幕府の礎を築くきっかけとなった関ヶ原の戦いも、今から420年前の1600年、庚子の年にありました。そういったことを踏まえると、多少乱暴かもしれませんが、この「終わりの始まり」説って意外と当たってるかも?と少し信憑性が増すと思うのですが、皆さんはいかがでしょうか?というわけで、今年最初の私のレポートの終わりを始めたい(?)と思います!では最後はまた去年と同様に、前回の庚子年である1960年生まれの皆さんに感謝を込めて!皆さん、還暦おめでとうございます!!それでは本年もご安全に!!

  • 新元号、令和元年の主計管工をふり返る!!

    年末のファミリーレポートで、令和元年をプレイバック!!
    皆さんこんにちは!主計管太郎です。今年最後のファミリーレポートは、新時代”令和”元年に主計管工で起きた主なトピックを、家族全員でお伝えしたいと思います。まず上の写真は最近行なわれたある事業部の年末慰労会の1コマで、乾杯の挨拶で中井常務が檄を飛ばされている時の様子です。おかげさまで様々な目標値をクリアした本年ですが、このまま箍を緩めることなく、無事に新年を迎えたいものです!

    上の写真は、春にもお伝えした、主計管工の創業50周年の記念式典の時に撮った集合写真ですね。新年の挨拶で中井社長さんがお話したように、「新たな跳躍のための備えの1年」である亥年のタイミングに節目のイベントが出来たこと、パパやたくさんの人たちが喜んでたそうですよ。あと、準備と言えば本社のリフォーム工事も落ち着いてきたみたいだし、夏の終わりに地鎮祭をしたガス設備事業部の新社屋も、おかげさまで年内には上棟式が出来そうですョ。新しい気分で新しい年を迎えられそうですネ!

    今年も色んな建設・設備業界の展示会や見本市なんかのイベントに行ってきたよ。パパは今年は環境・防災・生産性の3つのポイントに注意して見て廻ってたんだって。全部今後のお仕事に役立つものばかりだけど、中でも特に目立ってたのが、生産性を上げる為の色んな製品の展示だったみたいだよ。例えば最新の自動積算ソフトやクラウドを利用した現場情報共有ツール、空間を素早く読み取ってして図面にしちゃう3DスキャンやなんかのAIやデジタル技術関連のブースがものすごく多くなってきたって、パパが言ってたよ。ボクが大人になるころには一体どうなってるんだろう?人のお仕事をドローンやなんかが助けてくれる良い感じの時代になればいいなあ!

    4月に改正された入国管理法に伴う様々なセミナーにもお伺いさせていただきましたが、私達は新たな情報を求めて、第二次産業に特に力を入れている地方の教育機関視察などを通じ、大いに見聞を広めた1年でもありました。広大な敷地の中の最新設備のもとで生き生きと学ばれている学生さん、生徒さん、先生、スタッフの皆さまの様子を直に見せていただき、ものづくりニッポンの底力をライブで体感することが出来ました。お忙しい中ご対応してくれた皆さん、どうもありがとうございました!

    それではこの1年の締めくくりを飾るに相応しいトピックを私から。皆様のおかげをもちまして、去る令和元年の10月24日、経済産業省の中部近畿産業保安監督部近畿支部長さまより、令和元年度のガス保安功労者として、私たち主計管工株式会社を表彰していただきました。この慶事を受け、我々社員一同はそれこそ箍を緩めることなく、創業100年の計へ向けた折り返し地点の今を、もう一度気を引き締めてそれぞれの業務に励むことにより、いただいた評価に見合うプロとしての仕事を続けて行く所存です。今年も私たちを一年間見守ってくださった皆様、どうもありがとうございました。来年も皆さまにとってどうぞ良いお年でありますように。それではこれで今年最後ののファミリーレポートを終りたいと思います。来年もご安全に!!

    令和元年もお世話になりました!来年も私たちファミリーのレポートをよろしくお願いします!!

    インターンシップ報告会・情報交換会に参加しました!!

    今年の振り返りと来年のブラッシュアップへの情報収集!!
    皆さんこんにちは、管太郎です。さて今回は、弊社が8月に開催したインターンシップでご協力させていただいた、ある大学のインターンシップ報告会と情報交換会の模様をレポートしたいと思います。まず始めに大きなホールで行なわれた情報交換会では、3名の学生さんによる発表と、1社の受け入れ先企業さまの発表があり、中でも国内の物流企業のインターンシップに参加した学生さんの発表の中であった「普段何気なくEnterキーをクリックするだけで簡単に家まで届けてくれるネットショッピングの裏に、こんなに様々な業種があること、またこんなに多くの人が関わっていることを初めて知ることが出来ました」という言葉が私の印象に深く残り、「蛇口をひねれば水やお湯が、コンロを点ければ炎が、あたり前のように使えるのはなぜか?」を知ってもらう為の弊社インターンシップと相通じる部分が多くあり、今後の参考にもなる素晴らしい内容の発表だと感じました。またその後、オープンしたばかりの食堂に場所を移して開かれた情報交換会に、なんとインターンシップに参加してくれたA君が、私のテーブルまで訪ねに来てくれました!去年の学生さんもそうだったのですが、学業で忙しい中わざわざ来てくれたときの感動は、何事にも代える事の出来ないできない大きな幸せです!閉会の後、正門から駅まで2人で話しながら歩いた帰り道の時間は私にとって今後の大きな財産になりそうです。A君、本当にありがとう!というわけで今年のこの会への参加は、情報収集においても、人との繋がりにおいても、とても実りのあるものとなりました。さあ、来年もがんばるぞ!それでは本日もご安全に!今回はここまで!!